夕刊/金田ヒサ

THE RAMBLINGSのフロントマンが贈る漂流記

振り返ってもバカがいる。

2017-06-28 | Weblog
バンドを長くやってると色んな話しがあるわな。

俺は昔話はバカ話なら笑えるけど、あの時代は云々と依存してるような

話しっぷりで延々語られたりすると面白くねぇんだわ。

終わった話しだろ?オマエ今はどーよ?みたいなさ。

ただ久々ノンアルコールの体で思った事があってね。

吉祥寺や福生で毎月のようにプレイしていた時代。

今から15年以上前だ。

あの時代の匂いって多分あったよなぁーなんて思ってさ。

猥雑な雰囲気があってヒリヒリするような感覚とか。

今は全てにおいてスマートに事が運んでるイメージ。

かと言って昔が良かったって話じゃないからね。

思い返してもヒデェもんだよ。

何でもかんでも初期衝動で行けると思い込んでるバカとか

根拠0でデカい事言ってる貧乏くせぇ奴らばっかでさ。

挙げ句の果てには安酒呑んで酔っ払ってケンカして終わり(笑)。

バンドで時代に乗っかった事が無いし乗せられた記憶も無い。

(イカ天とか粗悪なアマチュア音楽番組があったね。)

だから現在と何ら変わりはしねぇと思うんだけどさ。

でも何だろう?ちょっとした喪失感みたいなもんはあってね。

十代からバンド始めてそのうちにメンバーも生活環境が変わったりして

否が応でも大人にならなきゃ生きてけねぇようになった。

要は大切なもんを手放していないかって事だろうな。

いまだにあの時代だから出来たとか言われると癪にさわる(笑)。
ジャンル:
モブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピッキング | トップ | 思い出す作業 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (こーはい)
2017-06-29 01:00:06
金さん!(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む