セラピスト 鼠径リンパ節マッサージ 女性専用

鼠蹊部リンパが滞ると、脚の冷え、むくみ、脚のだるさ、セルライトの原因になります.
SMS:08077573885

アロマセラピスト(フェイシャル、ボディー、ロミロミ)

2034-12-28 23:57:51 | 日記
女性専用出張, AROMAマッサージ
”癒される”感覚を貴女に!

失敗は、何もしないこと。
行動することで人生こころは変わる。
感じ方をリセット、常識は、常識ではない。


23区内で施術 たまにしています。
女性にいいエネルギーを与えられることに感謝
ありがとうございます。
貴女のこころにありがとうかな。

リンパマッサージは、からだのさびとります。
セラピスト 鼠径リンパ節マッサージは最強。
ヘッドマッサージ 眼精疲労ケア
心理面のケアも考えております。

あなたの心が休まるようなホテルやご自宅にお伺いしますので
ゆったりとした癒しの時間を、お楽しみください。
女性に産まれたことを体感し、
トータルのこころ良さを感じて頂いて
おります.。.

認定エステテシャン(BE)
アロマセラピスト
NARDアロマテラピーアドバイザー
AEAJアロマテラピーアドバイザー

reiki ティーチャー
プロフェッショナル心理カウンセラー
心理相談員


ご予約には、希望施術内容及びご指定される出張先を詳しくお知らせください。

ご自宅の場合は、住所やマンション名号室まで!

ホテルの場合は、ホテル名と部屋番号までお知らせください。

ご予約を心よりお待ち申し上げております。

e-mail:aroma.romoromi14i@gmail.com
までご連絡をお待ちしております。
SMS:08077573885

トータルセラピスト フェザーアロマ師


鼠蹊部(そけいぶ・鼡径部)とは、左右の大腿部の付け根にある溝の内側にある下腹部の三角形状の部分。解剖学的には恥骨の左右の外側・股関節の前方部にあたる。股間を構成する主要部分の1つである。

この部分の下方には鼠蹊靭帯(鼡径靭帯)があり、その下を下肢へと向かう動脈・静脈・リンパ管・神経などが走っている。 鼠蹊靭帯、長内転筋、縫工筋にかこまれた部位を「スカルパの三角」と呼ぶ。 鼠蹊靭帯の内側には並行するように鼠蹊管(鼡径管)が腹壁の筋肉を貫くように走っている。これは男性が誕生する直前に精巣が腹腔から陰嚢へ移動する際に通るルート(蹊路/径路)となる。ちなみに「鼠蹊部/鼡径部」という名称は精巣の移動を鼠のそれに擬えたところに由来している。誕生後の鼠蹊管は男性の場合は精索が、女性の場合には子宮円索を通すのみで閉鎖される。



股関節リンパダイエットで脚がスラリ!


マイミクなどと共有するサービス「mixiチェック」に登録する ブックマークを共有するソーシャルブックマークの「はてなブックマーク」に登録する ツイッターに投稿する シェア

 暖かな春らしい気候になってきましたね。街を歩いていても、ひざ上丈のスカートやショートパンツの女性をよく見かけます。そうすると、目線はついつい脚にいってしまいますよね。

 脚はむくむと太くなります。足首やひざ上がスッキリしていないのは、むくみが原因のことが多いのです。

 そして、むくみは放っておくとセルライト、脚の歪み、脂肪がつきやすくなる、といったことの原因になります。

 今回は、脚のむくみをスッキリさせる「鼠蹊部(そけいぶ)リンパ節」のリセット方法をお伝えします。「鼠蹊部」とは、脚の付け根…股関節のあたりです。

 鼠蹊部リンパが滞ると、脚の冷え、むくみ、脚のだるさ、セルライトの原因になります。
How to リンパダイエット

◆1 リンパプッシュ

鼠蹊部リンパ節に4指を当て、4指で体を持ち上げるように圧をかけます。
指は、このような形で。

◆2 かかとワイパー

うつぶせになり、脚は腰幅に開き、楽な姿勢をとります。鼠蹊部リンパ節に4指でイタ気持ちいいくらいの圧をかけたまま、脚は脱力した状態で、かかとをワイパーのようにブラブラ動かします。ブラブラを繰り返すとリンパが流れ、痛い感じがスーッと抜けて楽になります。

 場所を少しずつずらし、3カ所行いましょう。

 脚の疲れがスッキリして、むくみの防止にもなります。ぜひお試しください!


<<施術をうけていただける女性は>>
※angle.therapist2439i@docomo.ne.jp まで携帯より 連絡をお願い致します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もみ師、アロマセラピスト 、... | トップ |   

コメントを投稿

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。