吉祥寺・三鷹周辺のリフォーム工房武蔵野スタジオの日記

日々の工事の進行~日常の出来事をお伝えしていきます

魅惑のステンドグラス

2016年09月23日 | 所長のハギワラです^^


ここ3、4ヶ月のマイブーム、
それは『ステンドグラス』です。

きっかけは、
現在進行中のお客様から
「ステンドグラスを使いたい!」
とご要望をいただいたことです✨


それからというもの、
出掛ける度にステンドグラスを
ずっと探すようになりました。



まずはこちら、



偶然立ち寄ったイタリアンのお店、
とてもおしゃれな
ガーデニングレストランでした🇮🇹



実は今回のお客様の
テーマカラーはブルー、
なので👆こちらの雰囲気が
かなりイメージに近いと•̀.̫•́✧



このお店は随所に勉強になりました✨






そして、、
僕がステンドグラスを
強く求めているからなのか、
それともステンドグラスが
僕を呼んでいるのか…

なぜかここ最近、旅行にいく先々で
素敵なステンドグラスに遭遇します。


💠 🏵 🌺 💠 🏵 🌺 💠 🏵 🌺 💠 🏵


こちらは夏の旅行で訪れた
長崎の教会🌿



築100年を超える見事な建築、
細部までとてもていねいに
作り込まれていました✨



当時の人々の、教会に対する想い、、
きっと宝物のように
大切に大切にしてきた想いが
すごく伝わってきました。



なんと、
このステンドグラスは、
木枠で組まれていてびっくり
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ



🕊 🌿 🕊 🌿 🕊 🌿 🕊 🌿 🕊 🌿 🕊




とても深みのある
美しいブルーのステンドグラス



近くでみるとけっこう
荒々しく大胆なガラス!(◎_◎;)



こちらは、
箱根彫刻の森美術館です。

ここを訪れた最大の目的、
それはこちら…‼︎

ステンドグラスの塔です✨



圧巻…、、、

言葉も出ませんでした



光とガラスの色彩で
こんな世界が生まれるとは…
本当に感動しました♪( ´▽`)



💫 🌙 💫 🌙 💫 🌙 💫 🌙 💫 🌙



ちなみに、
現在の打ち合わせ状況を
少しだけご報告、、


ガラスの職人さんが
色々とサンプルを用意してくれて
それを基に構想を練っております。

打ち合わせ風景





同じ色、同じ厚みのガラスでも、
表面の加工でこんなにも
表情が違います
!(◎_◎;)





これだけ厚みのあるガラスだと、
奥行きのある深い光のゆらめきが
生まれます•̀.̫•́✧





僕もまだまだ知らない世界…
僕自身、どんどんガラスの魅力に
ハマっていっている、
今日この頃です✨

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続続続!二級建築士に挑戦!!!

2016年09月14日 | リフォームプランナーのアゼです!
9月11日(日) 二級建築士 製図試験

ついに本番のときがやってきました



この2ヶ月は仕事終わりに図面を描いたり…



愛犬に邪魔されても図面を描いたり…



とにかく必死に勉強してきました


そして、本番当日…

最寄りの駅を降りると、製図板を抱えた人が目に付き、なんだか少し異様な感じでした

会場までの道のりでは各資格学校の方が直前チェック項目を配っていたり、中には飲み物を配っているところも…


その後自分の席にたどり着き、最後の確認

製図板を置くのに机の広さが十分あることもこの時わかり、ひと安心しました



そして試験時間は午前11時から午後16時までの5時間でした

勉強を始める前は長いな〜と思っていましたが…

本当にあっっっという間でした

終わった後は放心状態…

途中で大きなミスをした事に気づき、時間を大幅にロス

図面を描き上げたのは試験終了の合図1分前でした

色んな思いが巡りましたが、とりあえず終わったことにひと安心

いくら悔やんでも悩んでも結果は12月

またその時はここで報告させていただきたいと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆31☆

2016年09月03日 | リフォームプランナーのハヤです!!
皆さんこんにちは

ハヤです

タイトルである数字の31といえば

そうです、自分の年齢です




先日無事に31歳の誕生日を迎えたのですが

なんと!会社のみんながお祝いしてくれました

大好きな焼肉をたらふく食べさせてもらえただけでも

大満足でしたが・・・

なんとなんとなんと

ケーキとプレゼントまで





本当に嬉しかったです

気になるプレゼントの中身は

最近(というよりもう1年程)ダイエットを公言している

自分の為にワンダーコア(腹筋マシーン)を頂きました

もうこれは腹筋割るしかないですね

来年の夏に向けて今からトレーニングです

会社の皆さん本当にありがとうございました




まだまだ31歳の若輩者ですので

チャレンジ精神を忘れず

仕事もプライベートも色んな事に挑戦して

日々精進していきたいと思いますので

今後とも末永くよろしくお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お客様とつくりあげた空間^^

2016年08月27日 | 2級建築士のヨシです^^V

皆さまこんにちは!

ここのところ台風がきたりと
お天気の変化がはげしいですね 

お出かけする際など
どうぞお気を付けてお過ごしください 


昨日は、

前回ご紹介させていただいたお客様のお宅で
ガラス棚の取付工事を行ってきました!^^


これで予定していた工事がすべて完成です


完成の様子をご紹介させていただきます


前回ご紹介させていただいた記事
http://blog.goo.ne.jp/soukenn0201/e/4dc36be66fcb4feb326439c24c5d13d1


施工する前の様子は・・・







1~2階階段~3階天井まで
吹き抜けとなっているスペース^^


床など傷つけないようにしっかりと養生をし、
これから工事にはいるところの写真です


そして、



こちらのスペースを活用した

完成後の様子がこちら











1~2階階段の吹き抜け部分が

リビングからつながるお子様のスタディスペースになりました!^^


また、

3階吹き抜け部分には、ヒノキを格子状に設置

洗濯物が干せるようにポールも取り付けました☆






現場に行くとヒノキのいい香りがして癒されたのを思い出します




そして、テレビ後ろの壁面はさらに

素敵に仕上がりました






エコカラットご存知ですか?⇒エコカラット

テレビの背面の仕上げは

お客様がご自身で貼られたエコカラットです

素敵に仕上がっていて

拝見させていただいた時とても嬉しかったです






そしてガラス棚


木質の棚材も検討されていたのですが、

エコカラットや、照明の感じを考えながら
ガラス棚を選んでいただきました^^


ちょうど目線によく入る位置なので
ガラスにすることで圧迫感なくスッキリオシャレにきまっています^^


お客様と打合せを何度も重ね、
イメージしてきたものがカタチとなり、
またお客様ご自身も施工に挑戦され
完成の嬉しさはひとしおです^^


H様この度は誠にありがとうございました



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日より通常営業です^ ^

2016年08月19日 | 所長のハギワラです^^

本日より通常営業になります。

まだまだ残暑が厳しい毎日ですが、、
楽しい夏季休暇で
しっかり精気を養ってきましたので
本日よりまたがんばっていきます!



今年は長崎へ
ぶらり旅してきました🛳


無人島に人知れず建つ教会






素敵でした✨



そして、、
古民家を改装したレストラン





やっぱり旅って最高です(^ー゜)





まだまだ知らない
素敵なものがいっぱいあるなぁ、
と感じることの多い、
刺激的な夏休みでした^ ^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■夏季休業のお知らせ■

2016年08月09日 | リフォームプランナーのアゼです!
この度はブログにご訪問いただき

ありがとうございます


誠に勝手ながら、


8月11日(木) ~ 8月17日(水) の期間は


夏季休業のため、

お休みとさせて頂いております。


なお 8月18日(木) からは、

通常営業とさせて頂きます。


どうぞよろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塗装日和?

2016年08月09日 | リフォームプランナーのアゼです!
いきなりですが、弊社店舗の外観で、一番特徴的な部分はどこだと思いますか?

↓弊社石神井スタジオの写真です↓



おそらく、「ルーバー」 ではないでしょうか?(^^)

本日は弊社の顔とも言える、ルーバーの塗装について、お伝えしたいと思います♪

まずはBEFORE写真…





最後に塗装をしたのはもう1年以上前のため、少し色が抜けてしまっている印象ですね><

それでは早速塗っていきましょう! といきたいところですが、まずは準備から!


STEP① 汚れても良い・動きやすい服装に着替えます♪

塗料で服が汚れてしまうので汚れても良い服装で、

かつ、脚立の上で作業するので動きやすい服装に着替えます^^


STEP② 周辺の片付け・掃除をして塗装作業の環境を整えます♪

小物や植木鉢を片付けて、机をはずして、隙間に溜まったほこりを掃除していきます。




STEP③ 木の表面の汚れを落とします♪

雑巾で水ぶきして汚れを落としたら下準備は完了です。(汚れが頑固なところはヤスリタワシやシンナーを使って落とします)


STEP④ 塗装作業に入ります♪

用意するものは、塗料・ハケ(ルーバーの隙間など、塗りにくいところはベンダーもあると便利です)・塗料を入れるバケツです^^



塗りの作業は「1度塗り→乾燥→2度塗り」と、全体を2回重ねて塗っていきます☆

2回目を塗っていくと、1回目よりぐっとツヤがでます^^


そして、下記がAFTER写真です!









変化の大きいところと小さいところとありますが、

日光の影響を受けやすいところは特にBEFOREとの差が大きいように思います!



実は本日この塗装作業をしてきたのですが、本日の最高気温はなんと37℃><

塗装日和?とは言えなそうですが、はじめてのルーバー塗装が楽しくて、つい夢中になってしまいました♪

ただお盆休みに塗装をされる方は、熱中症にはくれぐれも注意なさってくださいね^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盆踊り祭り♪

2016年08月06日 | 新人のコジです!
皆さんこんにちは

ハヤです

先日妻と近所の盆踊り祭りへ行ってきました



入口に入った瞬間見覚えがある人が・・・

いつもお世話になっている大工さんとバッタリ

何やらその大工さんの地元のようで

実行委員をされているとの事でした

そしてちゃっかり妻と一緒にビールをご馳走になりました

お祭りで飲むビールは一段と美味しかったです


規模はそんなに大きくないお祭りでしたが

小学生や中学生が沢山来ていて

出店も出ており、非常に賑わっていました


とっても楽しかったので

毎年の恒例行事に追加しようと思います


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吹き抜け空間を利用してリフォーム!

2016年07月30日 | 2級建築士のヨシです^^V

皆さまこんにちは!

梅雨が明け、
これからいよいよ夏本番ですね~!

夜仕事をしていると、
どこからか花火の音が聞こえたりして、

無性にワクワクしてます・・・!

先日は、
吹き抜け空間を利用したリフォームが完成し、
お引き渡しをさせていただきました

少しご紹介させていただきます!!

まずはBEFOREを
簡単にご説明させていただきますね

今までは、

1階から2階へあがる
階段の天井が吹き抜けになっており、

そのまま3階の天井まで
吹き抜けが続いているつくりでした。

↓BEFORE 2階リビングより



現地調査にお伺いさせていただいた際も、

外からの自然な光が差し込み
とても明るい印象でした^^


今回はこちらの空間を利用し、

2階吹き抜け部分には

リビングと自然なつながりのある
お子様のスタディスペースを

3階吹き抜け部分には

洗濯物を干せるスペースを


という、どちらも今までとは
ガラッと変わるイメージで

お施主様と使い方や見え方、
デザインなどの打合せを重ね、検討を進めてまいりました。


↓打ち合わせに使用した3Dイメージ






今まで吹き抜けで
解放感や明るさがとっても感じられていた分

そこに新たに造作していくことで

圧迫感や暗さを感じないか・・・

という点が
進めていく中で非常に気になっていたポイントで

大工さんと実際の見え方を何度も打合せしながら
進めていきました。


↓2階リビングより

 今回の内容に合わせて必要ない箇所を撤去し、
 新たに造作していっている様子です。




↑3階より

 今まで吹き抜けだったところに
 すでに床ができはじめているところです。


↑ 2階リビングより

  1階 階段から上ってくる時、そして降りる時に、
  新たにつくった床がどうみえてくるかを考えながら・・・

  どこまでスタディスペースの床をつくるかを
  何度も確かめながら進めていきました。


日々カタチになっていくのが嬉しかったのを思い出します。

次回、完成の様子をご紹介させていただきたいと思います^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行ってきましたホキ美術館

2016年07月23日 | 所長のハギワラです^^

先日、千葉県にあるホキ美術館へ行ってきました



こちらは日本初の写実絵画専門の美術館
として、5年前にオープンしました。


インパクトがあるのは何と言ってもこの外観、跳ね出し長さ、なんと30m!(◎_◎;)

(住宅街のど真ん中にあって、
どうやっても車や家や電線なんかが写真に入り込んでしまうのが残念>_


そして、さらにこの美術館の収蔵品もまた凄いんです。




まるで写真!
近くで見ても写真に見えてしまいます!
しかも生で見るととても大きな絵ばかりで、凄い迫力あります!
百聞は一見にしかずです!

ホキ美術館の地下にある展示室には、定期的に変わる作品群があります。
そこにはホキ美術館が見込んだ写実画の画家さんに、買取を保証して3年かけて製作された作品が並びます。

写実画とは、その名の通り実際のものをそのまま写すように描く、ってことですが、モナリザなどで有名なレオナルドダビンチも写実絵画ですね。
ただ、カメラの発明以降、写実画はかなりの少数派なんだそうです。
そもそも大きな絵は膨大な時間がかかるため、画家が食べていくためには採算が合わず、なかなかいい作品が世に産み出されることが少ないそうです。
そこを、ホキ美術館がパトロンとなり、画家に思う存分制作に没頭してもらおうという趣旨です。素晴らしいコンセプトだと感じました•̀.̫•́✧


そして、この建築は外観もさることながら、内部のつくりも細部までこだわってるところがあちこちに見られます。

地下の展示室脇の通路に興味深いものを見つけました。
あまり目立たないそのガラス貼りの壁には、この美術館の建設に携わった人たちの名前が刻まれていました。それも、会社名だけでなくひとりひとりの個人名がしっかりと記載されていました。
これは恐らく建築主側の配慮だと思いますが、この建築に対する愛情をすごく感じました。とっても粋な心意気ですね✨
きっとこの建築に携わったひとりひとりが、作り上げたことを誇りに感じてるのではないかと思います!
みんなから望まれて、みんなから大切にされる、建築にとって最高に幸せなことだと思います。


都内からのアクセスが意外と大変ですが、とってもおすすめの美術館です^ ^


コメント
この記事をはてなブックマークに追加