創価学会の信仰に功徳はあるか?

コメントする人は「01.創価学会の信仰に功徳はあるか?を書く前に」を読んでね。

415.公明党と戸田城聖の原水爆禁止宣言

2017年10月09日 00時53分28秒 | 公明党
●注意事項

本記事は本文でも画像でも全てにおいて引用、転載を一切、禁止します。
本記事はリンクのみ許可します。
ツイッター、フェイスブック、他ツールからでも、本記事に飛べば許可します。

●戸田城聖「原水爆禁止宣言」 1957年(昭和32年)9月8日

--------------------<ここから>--------------------
 天竜も諸君らの熱誠にこたえてか、昨日までの嵐はあとかたもなく、天気晴朗のこの日を迎え、学会魂を思う存分に発揮せられた諸君ら、またそれにこたえるこの大観衆の心を、心から喜ばしく思うものであります。
 さて、今日の喜ばしさにひきかえて、今後も、当然、難があるであろう。あるいは、わが身に攻撃を受けることも覚悟のうえであるが、諸君らに今後、遺訓すべき第一のものを、本日は発表いたします。
 前々から申しているように、次の時代は青年によって担われるのである。
広宣流布は、われわれの使命であることは申すまでもない。これは、私たちが絶対にやらなければならぬことであるが、今、世に騒がれている核実験、原水爆実験にたいする私の態度を、本日、はっきりと声明したいと思うものであります。いやしくも、私の弟子であるならば、私の今日の声明を継いで、全世界にこの意味を浸透させてもらいたいと思うのであります。
 それは、核あるいは原子爆弾の実験禁止運動が、今世界に起こっているが、私はその奥に隠されているところの爪をもぎ取りたいと思う。それは、もし原水爆を、いずこの国であろうと、それが勝っても負けても、それを使用したものは、ことごとく死刑にすべきであるということを主張するものであります。なぜかならば、われわれ世界の民衆は、生存の権利をもっております。その権利を脅かすものは、これ魔物であり、サタンであり、怪物であります。それをこの人間社会、たとえ一国が原子爆弾を使って勝ったとしても、勝者でも、それを使用したものは、ことごとく死刑にされねばならんということを、私は主張するものであります。
 たとえ、ある国が原子爆弾を用いて世界を征服しようとも、その民族、それを使用したものは悪魔であり、魔物であるという思想を全世界に広めることこそ、全日本青年男女の使命であると信じるものであります。願わくは、今日の体育大会における意気をもって、この私の第一回の声明を全世界に広めてもらいたいことを切望して、今日の訓示にかえる次第であります。
--------------------<ここまで>--------------------

●戸田城聖の御遺訓は世界各国に対して誹謗中傷ではないか?

>生存の権利を(中略)脅かすものは、これ魔物であり、サタンであり、怪物であります。

現代では世界各国に対して誹謗中傷になります。北朝鮮がいいそうな文言です。
未だに戸田城聖の「原水爆禁止宣言」 を有難がる学会員のレベルが知れます。

創価学会は頻繁に天魔日顕といいますが、北朝鮮や中国は「悪魔」のはずです。Freeチベット!Free東トルキスタン!

●戸田城聖の遺訓は生命否定主義

>使用したものは、ことごとく死刑にされねばならん

創価学会は創価独自の生命という歪んだ意味合いで生命という言葉だけが大好きです。
ところが、学会員にとってありがたい戸田城聖の御遺訓は生命否定主義です。
核兵器でやられたら、核兵器か通常兵器かは別にしてやり返して死を与えて良い、と書かれています。

生命主義でもないし、絶対的な反戦主義でもないことがわかります。
法治国家としての死刑を戸田城聖は言っていると思いますが、戦争するかもしれない相手国家がどうやって日本の裁きに従うのでしょうか?
国連の裁きでも構いませんが、核実験や戦争する相手国家は既に国連を無視しています。
日本が戦争に勝てば日本の裁きに従うかもしれません。
但し、相手国の人間を大勢殺して勝利する必要があります。
より多く殺したほうが勝利するのが戦争です。日本が戦争した場合、私は勝てると思いません。

生命、生命というなら日顕、日如氏も生命ですが、愛しくはなく大切にもせず創価公明は彼らのことが大嫌いです。
仏教どころか宗教でもなんでもありませんね。俗世間によくある喧嘩や争いです。
創価学会VS日蓮正宗の争いは創宗戦争といえるでしょう。

●核兵器の実験すら禁止しているが公明の実績は「0」

「原水爆禁止宣言」文中に繰り返し「使う」と出てきますが実験を含んでいるのかやや不明瞭です。

>核実験、原水爆実験にたいする私の態度を、本日、はっきりと声明したい
>生存の権利を(中略)脅かすものは、これ魔物であり、サタンであり、怪物であります。

と戸田城聖は言っているので、生きている人が生存を脅かされるので実験すら駄目だと解釈できます。

また、平和を強く望む人であれば当然、実験も駄目だという考えに行き着いても不思議ではありません。
しかし創価公明にはアメリカやロシア、中国、北朝鮮などに強く抗議し実験が止まった実績は「0」です。全くありません。

【世界の核実験地図】Ctbtomedia 2053ByIsaoHashimotoJapan762 - YouTube

つまり公明党は世界各国の抑止力としての核兵器保持や実験を認めていることになります。
核実験は昔からあるのであって、去年出来た訳ではありません。
「創価公明は核兵器に反対している。認めてなどいない」と言うのでしょうけど、過去でも未来でも言うだけなら簡単です。

日本が核兵器を持たないままで北朝鮮問題が済めばいいですが、この二十年間拉致問題も含めて殆ど進展していません。

●保持(保つ、持つ)と使うは違う。

創価学会員はよくこんなことをいいます。「事実と真実は違うのだぁ〜!」(どうだまいったか)
事実と真実は違うとは旧・人間革命に書かれています。リアルでもネットでも学会員があちこちで自慢しています。
改変された旧・人間革命に残っているか私は未確認です。

保持(保つ、持つ)と使うは違いますが、どういう意味か創価公明のマインドコントロールの深い人にわかるでしょうか?
付け足すと、アメリカから核兵器を借りるのであれば、借りる、保持(保つ、持つ)、使う、この3つは違うということです。

●創価トップと公明は核保有か核使用を認めるかもしれません。

「核兵器を抑止力として保持するのであって核兵器は先制攻撃に使わない。これならば戸田城聖の第一の遺訓に反しない」という屁理屈は可能です。(通常兵器で先制攻撃するかは別問題になります。)
あるいは、
「核兵器を抑止力として借りるのであって保持ではない。核兵器は先制攻撃に使わない。これならば戸田城聖の第一の遺訓に反しない」
「発射場所は軍事機密で言えません。(ホント)借りるので非核三原則も守られています。(嘘)」
「核兵器を借りれば、実験もしなくても済みます」

核兵器を借りれば、アメリカからここぞとばかりに大金を要求されるでしょうね。
仮に北朝鮮に勝ったとしても日本が賠償請求できる外交力どころか根性すら無いと私は思っています。
第二次世界大戦の賠償金は韓国を通じて北朝鮮にも支払い済ですが、リベラル派親中、親半島派や創価公明が可哀想とか言いそうです。

北朝鮮情勢や自民党やアメリカの出方次第ですが、庶民を軽視し与党にいることだけが最優先なのが公明党です。
また、PKO容認、イラク戦争容認、最近の安保法制への妥協をみれば、核保有か核使用は十分ありえます。PKO容認、イラク戦争容認、最近の安保法制への妥協が創価公明の実績です。
イラク戦争で劣化ウラン弾が使われていることをお忘れなく。当ブログの過去記事やネットを参照して下さい。
あるいはネットでイラク戦争のカテゴリーで「バンカーバスター」あるいは「劣化ウラン弾」で検索のこと。

イラク戦争容認で「バンカーバスター」が使われて、アメリカに貸しを作ったと考える戦略も発想も創価公明にはないし、外交交渉も出来ません。
何かあった時や「温暖化対策や平和の貢献して(日本に返して)下さい。」とアメリカへの公明議員の発言を聞いたことがありません。
アメリカの言いなりということですね。
表向き公表されていませんが、過去の朝鮮戦争で日本人が動員されたことをお忘れなく。日本国憲法なんてアメリカは破ってます。

創価学会トップと公明党の連中の安全保障に対する考え方はやや現実的と言えるかもしれませんが、平和力や説得力は無能無力であり宗教的でもありません。
強いのは詐欺力、資本力(金庫力ともいいます)、裁判力だけです。
末端の創価学会員の考え方は理想と妄想、盲信で非現実的ですが、ほんの少し擬似宗教が含まれます。

末端の創価学会員は目を覚まして一日も早く脱会して欲しいです。

●まとめ

 戸田城聖「原水爆禁止宣言」 が宗教的に無意味で政治にも役立たずなことがわかると思います。
また、現代的でもないし未来を予知した内容でもありませんでした。(日蓮遺文 顕仏未来記など)
創価は創価学会仏などと言っていますが、戸田城聖は未来を見据える仏などではなく詐欺師です。

「原水爆禁止宣言」 がただの高すぎる理想というだけです。
高すぎる理想を掲げるのは悪いことではなく良いことかもしれません。
現実的か、目標を掲げた人々が何をしてきたかチェックされる必要があるでしょう。
ただ単に宗教団体が理想が好きな若者を騙すための「軽薄な平和という言葉」だったにすぎません。
過去に記載しましたが、戸田城聖「原水爆禁止宣言」は他の宗教の反核運動からかなり遅れています。

池田大作をはじめとした創価公明が、戸田の第一の御遺訓を無視していることがわかります。
創価公明トータルで努力しているのか努力がたりないのかは人によって意見が別れるでしょう。
私にとって詐欺師/池田大作の信心と平和行動力が足りないのは言うまでもありません。

以上

参考リンク

1957/9/8 「原水爆禁止宣言」 戸田城聖 - YouTube

原水爆禁止宣言 - YouTube
池田大作と戸田城聖に言及

修正 2017年10月10日
リベラル派 -> 親中、親半島派
野党だけでなく自民党にも正当なリベラル派がいた。しかし今ではリベラル派と呼べる人がいるかは不明。マスコミによって野党がリベラル派と世間に誤解されているが、正しくない。
自民党内にも、 親中、親半島な人はいる。また名前は明らかにしないがスパイをしていると思われる与野党議員もいるようだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公明党の綱領とマニフェスト... | トップ | 「俺は学会の者だ」 幸福実現... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

公明党」カテゴリの最新記事