Bono・Bono

大好きな声優・遊佐浩二さんについて
ゆるゆる語っています♪

カナタ大阪公演にいってきました☆

2013-04-03 | 遊佐さん・イベント
カナタpresents「あぶな絵、あぶり声〜tribute〜」大阪公演に行って来ました(´∀`*)
舞台に立つ「役者・遊佐浩二」を見られる貴重なイベントということで
3/23(土)の昼と夜、そして3/24(日)の追加公演と、計3回、参加してまいりました。

今回だけは、3回分チケット取って本当に良かったです。なぜかというと…
1回じゃストーリーが頭に入って来なかったから!(゚∀゚ ;)

実は私、こういった本格的な朗読劇イベントというのが初体験だった為
目に入るもの全てが新鮮でした。
舞台上には3つのソファが置いてあり、役者さんがそのソファに座ったり、
歩いて移動したりしながら朗読するのも驚いたし(直立不動だと思ってた)
生演奏が入ってるのも、スクリーンに絵が映し出されるのも、いちいち驚きと感動がありました。
K'sukeさんの演奏がすごく素敵で、ついついボーっと聴き入ってしまったり
いしいのりえさんの絵が繊細だけどすごく色っぽくて、見とれてしまったり
途中でお手洗いに行きたくなって、限界MAXまでガマンしたり…ホント大変だった(汗)

1回目で色々学習したので、2回目、3回目は落ち着いて見ることができました。
で、肝心の遊佐さんですが、まさかの大トリ!
なんかもう色々すごかった…(*´∀`*)
服装は黒のスーツ。すっかりスリムな遊佐さん、舞台に立つ姿が超決まってました。
いつも思うことですが、遊佐さんは本当姿勢がいい!だからスーツがあんなに似合うのかな(・ω・)
あとスーツのサイズ感がほんとにジャストな感じでかっこいい。
細部まで気を使ってて、ほんとつけいる隙がないです(笑)
私は3回の公演通してだいたい3列〜4列目あたりの席だったのですが、わりと隅っこの方だったので
とにかく遊佐さんをガン見していました。
インナーの白Tがピタッとしていたので、ななめから見ると胸の筋肉が盛り上がっているのが
一瞬見えてギャーッ(T▽T)っとなりました(笑)あれは確かに胸筋だった…!夢でなければ!

さてさて、肝心の朗読。
4人の役者さんがひとりずつ登場、約30分の朗読を順番に披露していきます。間には休憩もありません。
4番目の遊佐さんが登場するころには当然イベント開始から1時間半近くたっているわけで。
じーっと動かず見ているお客さん側もそろそろ疲れて集中が切れてくる頃じゃないかな。
私は「ちょっとお尻が痛くなってきた」なんて思い初めてました。
でも、舞台上に遊佐さんの姿がパッと浮かびあがって

「あぶな絵、あぶり声、」

遊佐さんが第一声を発したその瞬間に、会場の空気がサーッ変わっていくのを感じて、鳥肌が立ちました。
まさに会場が遊佐さんの色に染まった瞬間…!
そこから最後までは、もう魂を持っていかれてました。
正直1回目は、遊佐さんの発する空気だとか、表情、目線、立ち居ふるまいに気をとられて
ストーリーが頭に入らずに終わったのですが、2回目、3回目はどっぷりその世界観を堪能できました。
遊佐さんのお話「紡ぐ女」だけは唯一ハッピーエンドと言いますか、幸せな余韻に浸れるお話でした。
彼女という大切な存在を愛しく感じながらも、いつかそれを失ってしまう時が来るんじゃないか…
そんな思いを抱いて、素直になれない男性。
「きみはいつまで僕のことを見ていてくれる? いつか互いを必要としなくなる時が必ず訪れるというのに」
遊佐さんの声と表情がとても切なくて、胸がぎゅうっと苦しくなりました。
とても悲しいセリフですが、なんかすごく遊佐さんぽい言葉だなって思って、すごく好きでした(´∀`*)

性描写のシーンでは、真ん中のソファに腰掛け、静かに語りかけてくる遊佐さん。
行為がすすむにつれ、遊佐さんの声がどんどん艶っぽく、そして囁くようになっていきます。
ここでは完全に呼吸するのを忘れていました(・∀・)
大げさでも何でもなく、本当に自分が息する音も邪魔なくらいだったんです!
BGMもいつの間にか消え、遊佐さんの声だけに引きこまれ、体勢まで前のめりになっていました。
描写自体は、すんなりと耳にはいってくる綺麗な表現だったと思うのですが、
とにかく遊佐さんの発する空気がエロかった!(T▽T)

「いい?」とささやく遊佐さんは完全に放送禁止状態で、見てはいけないものを見ているような、
背中のあたりがモゾモゾして、誰かに見られてないかと周囲を確認したくなるような感じでした。

ラストシーン。
大切な彼女を、身近にある幸せなものの存在を信じていこうと、臆病だった彼が真っ直ぐ前を向きます。
「大好きだよ。 明日の朝、きみにそう言えたら」
遊佐さんの声が本当にあたたかくて、ほわ〜っと幸せな気持ちになりました。
表情もうっすら微笑んでいるように見えたのですがどうだったんだろう。
ここだけは真正面から遊佐さんを見てみたかったな。

アフタートークでは、全ての緊張から解き放たれた役者の皆さんの
リラックスしたいい表情が印象的でした(´∀`) 
いしいのりえさんもおっとりした大人の女性という感じで
描かれる女性の雰囲気にちょっと似てるかもって思いました。
終始和気あいあいとした雰囲気でしたが、トークの内容はあまり覚えてないですww
岩田さんが足をぶらんぶらんさせてたのが可愛かったし、 塩谷瞬くんはかなりの天然さんでした(笑)
平川さんはもう見ているだけで癒されました(*´∀`*)
舞台に上がった時だけ止まるしゃっくりのお話を聞いて
本当にプロ意識の高い役者さんだなぁと、ますますファンになりました。
遊佐さんは台本を持つ手が高速でふるえてたとか、
コーヒーは喉がしまる感じがするから飲まない、とか
そんな話をしてましたかね(←いろいろ忘れ過ぎ)
平川さんや塩谷さんにツッコミをいれてる姿が非常に楽しそうでした(笑)

わたくし事ですが、このカナタ大阪公演までの間がけっこうドタバタしていて
「これが終わればカナタ!」「とにかくカナタまで頑張る!」と呪文のように唱えて
日々過ごしていたからか、大阪公演のあと3日ほど寝込んでしまいました(゚∀゚ ;) 
役者・遊佐浩二に毒気を抜かれたのか…恐るべし(笑) 
なんだか色々解き放たれてしまったカナタ大阪公演でしたが、とても幸せな時間でした(*´∀`*)
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
大好きだよ (・∀・)
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 「DGS祭祭祭」LVに行ってきま... | トップ | 週刊遊佐浩二メモ (第364回) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (紫苑)
2013-04-04 15:07:01
カナタ大阪公演、お疲れ様でした(o^-^o)
私も両日昼公演だけですが、参加しました(^^)何だか同じ会場にユキさんもいらっしゃったのが不思議な感じです(笑)

朗読もトークも皆さん凄かったですね(>__
紫苑さんへ☆ (ユキ)
2013-04-06 13:40:12
紫苑さん、お久しぶりです(´∀`)
コメントありがとうございます!

カナタ大阪公演、2日とも参加されてたんですね。 幸せな時間を共有できて嬉しいです(^^)
空気がピーンと張り詰めるようなあの緊張感…
役者さんて凄いなぁとしみじみ思いました。
そして舞台に立つ遊佐さん、超素敵でしたよね♪
DVD化されないのがホントに残念です…(>_
はじめまして、初コメントです! (めぐみ)
2013-05-16 22:50:58
はじめまして!めぐみっていいます、他人のブログにいきなりコメントするの始めてで緊張していまっすヽ(*^^*)ノ。ちょくちょく見にきてるのでまたコメントしにきますね(。-_-。)ポッ

めぐみさんへ☆ (ユキ)
2013-05-18 00:04:09
初めまして(^^)
コメントありがとうございます☆

遊佐さんのことを好き勝手に書いてるだけのブログですが
良ければまた遊びに来て下さい(*´∀`*)

ご訪問ありがとうございました☆

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。