勤務医の心配事

新型インフルエンザについて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新型インフルエンザ、当ブログの目標

2008-02-20 16:43:23 | Weblog
 今さらながらですが、このブログの主旨を書きます。
 「日本の新型インフルエンザ対策を変える力となりたい」です。

 理由は、新型インフルエンザ到来時に、現在の医療現場は通常通り機能しないからです。
 今の病院は、今日来院されている人数に合わせた外来とベッドと予算と人員しか持ち合わせません(余剰な力は赤字になるで、ここ10年ぐらいでそぎ落として来ました)。
 厚生労働省の発表でも新型インフルエンザのパンデミックが起きたとき、最高10万人/日の患者さんが日本で受診すると試算しています。2001年の厚生労働省推計を元にすると外来受診者15%程度の増加になります(検索で得られた外来受診数は「国保新聞記事検索」2001年、http://www.kokuho.or.jp/intra/owa/KNWP00_10?PRA_FIND=&PRA_ENTRYDAY=200103200260&PRA_MPG=0)。
 軽症者の受診者が15%増えたとしたなら短期は対応できるでしょう。しかしこの中からどれだけの入院の必要な方が出るのか、何日間その受診数が続くのか不明です。
 重症度の指標として死亡率を見てみると、季節インフルエンザ0.1%に対し、新型インフルエンザは2%(厚生労働省試算)から60%(現在のH5N1ウイルスが人に感染した場合の平均値)の間になるであろうと思われます。
 季節インフルエンザレベルの患者さんの受診で外来が15%増加しても、病院は混乱をきたすと思います。しかし少なく見積もった厚労省の死亡率でも季節インフルエンザの20倍の致死率を持つ新型インフルエンザの患者さんが病院を受診する事となります。
 今の政策では早々に病院機能は麻痺してしまいます(個々の病院の努力では対応不能です)。

 以上から現在対策で新型インフルエンザのパンデミックが起きた時は、病気になったら病院で診てもらうと言う「常識」を一部変えないと死者が増えるだけです。

 私が考える、今打つべき対策は2つあります。
1.国民自ら防衛
2.国の対策を変える

1に関しては知識を増やし、行動を変えることで新型インフルエンザにかかりにくくすることです(そのために一部常識を変える必要があります。予想では常識を超える疾患がやって来るのわけですから、当然とは思いますが)。
2に関しては、どのような対策をどの程度の予算をつけて行うのか国民自ら選択する必要が有ると思います(このブログで過去にも書いてきましたが、今の政府と役所に期待しても根本的な変化は有りえないと思います)。

1と2は共に個人が「新型インフルエンザ」の知識を増加し、対策への世論を形成していく事が基礎になると思います。しかし、かなりの日本人はテレビから受動的に情報を得ており、テレビで流されない事は事実でないと思う人が有るほどです。
 今年1月にNHKスペシャルで新型インフルエンザの報道がなされてから、現在までに日本のマスメディアの報道姿勢は変わりました。現在はテレビもニュースや特集を組むようになりました。しかし日本人には「一時大騒ぎをして後は冷めてしまう」という危機管理には誠に不都合な特性が有り、マスコミはその最右翼です。
 いま出てきたこの問題意識を、日本人が共有していくためには、まずマスコミに続報を出し続けてもらい、それを元に国民が考え行動を続けていく必要が有ります。

 今私が出来る事は、このブログを続けながら知識を共有し、マスコミと政治に向かって問題意識の火をくべ続ける事です。賛同していただける方がありましたら、御協力をお願い致します。

「新型インフルエンザの問題はどうなっているか?」「新型インフルエンザ報道が役に立った」の一行を送るだけでもと思っています・
 以下いままで私が集めてみた意見の送り先です。妥当でないものも含まれているとは思いますが今はこれ精いっぱいのところです。以前にも記載したものですが、自分のためにも整理して再録します(御意見いただければ幸いです。)。


○政治
・中村てつじ
E-mail:  m@tezj.jp
・森田高
ブログ内のコメント:http://moritatakashi.sblo.jp/
・首相官邸 首相官邸と各府省への政策に関する意見・要望のボタンがあります。
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
・自由民主党 ご意見のページ
http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.htmlの「総合」
・公明党ホームページ「あなたの声を公明党に」
https://www.komei.or.jp/contact/index.html
・ますぞえ要一ホームページ「お問い合わせ」
http://mipe2.aa0.netvolante.jp/fmi/xsl/koushiki/inquiry.xsl
・厚生労働省 御意見(一般の意見募集)
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html
・厚生労働省「新型インフルエンザに関するQ&A(http://www-bm.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html)」にある「インフルエンザ等感染症相談窓口」(厚生労働省外郭団体窓口?)
E-mail: influt@npo-bmsa.org
電話:03-3200-6784 FAX:03-3200-5209
・電子政府の総合窓口:各府省への政策に関する意見・要望
(いろんな省庁へ一括して送ることができる)
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose・総務省:インターネットによる行政相談受付
(本名と連絡先を入力する必要があるが、具体的な質問には返答してくれるらしい)
https://www.soumu.go.jp/menu_03/hyoukakyoku/gyousei/gyousei-form.html



○マスコミ
・NHKご意見ご要望お問い合わせ
http://www.nhk.or.jp/css/goiken/index.html
・日本テレビ視聴者センターhttps://www1.ntv.co.jp/staff/form.html
・TBS視聴者サービス部宛メッセージフォーム
https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/contact/0030/enquete.do
・フジテレビご意見
http://www.fujitv.co.jp/response/index2.html
・テレビ朝日へのご意見・ご感想・お問い合わせ
http://www.tv-asahi.co.jp/contact/form/index.html
・テレビ東京ご意見ご要望
http://www.tv-tokyo.co.jp/index/company/goiken.html
・産経新聞(MSN産経ニュース):記事に対するご意見・ご要望読者サービス室 東京
E-mail:  u-service@sankei.co.jp
・日本経済新聞(NIKKEI NET) お問い合わせ
https://sch.nikkei.co.jp/nikkeinet/
・読売新聞(YOMIURI ONLINE)読売新聞お問い合わせhttp://info.yomiuri.co.jp/contact/<東京本社>入力フォーム
http://app.yomiuri.co.jp/form/
・朝日新聞(アサヒ・コム) お問い合わせフォーム
http://www.asahi.com/reference/form.html
・毎日新聞(毎日jp)お問い合わせ・ご意見
https://form.mainichi.co.jp/toiawase/index.html


マスコミについては、各番組のサイトでのご意見欄に直接意見(特集を組んでほしいなど)するのも効果ありかと思います。(「最近心配してます」さんから)

・サンデーモーニング(http://www.tbs.co.jp/sunday/)
ご意見&ネタ募集 http://www.tbs.co.jp/sunday/iken.html

・サンデープロジェクト(http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/
ご意見・情報ボタン

・ニュース9(http://www.nhk.or.jp/nw9/
放送を希望するニューステーマを教えてください https://www.nhk.or.jp/nw9/suggestion.html

・ニュース23(http://www.tbs.co.jp/news23/
ご意見・ご感想・情報は http://www.tbs.co.jp/news23/onair/mail/index-j.html

・◆4OnnsbuTRAさんから「首相官邸」「厚生労働省 御意見」の宛先をいただきましたので08年2月22日に追加しました。
・最近心配してますさんから、サンデーモーニング、サンデープロジェクト、ニュース9、ニュース23の連絡先をいただきましたで、08年3月2日に追加しました。
・あらあらさんから、「電子政府の総合窓口」「総務省:インターネットによる行政相談受付」の宛先を頂きました。08年3月31日に追加しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新型インフルエンザ、民主党活動 | トップ | 新型インフルエンザ、有用な記事 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (◆4OnnsbuTRA)
2008-02-21 18:26:45
先生、すいませんがこちらも追加してくださるようお願いします。

首相官邸
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
厚生労働省
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html
◆4OnnsbuTRAさんありがとうございます (勤務医)
2008-02-22 08:28:57
 私の至らない点をカバーしていただいて感謝です。早速付け加えさせていただきます。
他にも (最近心配してます)
2008-03-02 16:47:44
マスコミについては、各番組のサイトでのご意見欄に直接意見(特集を組んでほしいなど)するのも効果ありかと思います。

サンデーモーニング http://www.tbs.co.jp/sunday/
サンデープロジェクト http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/
ニュース9       http://www.nhk.or.jp/nw9/
ニュース23      http://www.tbs.co.jp/news23/

地域での対策は夕方6時のローカルニュースのサイトも活用していったらいいのではないでしょうか?
最近心配してますさん、ありがとうございます (勤務医)
2008-03-02 17:54:58
早速、ページのほうに載せさせていただきます。
Unknown (あらあら)
2008-03-28 14:03:38
こんなところもありました。

・電子政府の総合窓口:各府省への政策に関する意見・要望
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
(いろんな省庁へ一括して送ることができる)

・総務省:インターネットによる行政相談受付
https://www.soumu.go.jp/menu_03/hyoukakyoku/gyousei/gyousei-form.html
(本名と連絡先を入力する必要があるが、具体的な質問には返答してくれるらしい)
あらあらさん、こめんとありがとうございます (勤務医)
2008-03-31 00:54:45
 おくれてしまいましたが、本文に追加させていただきます。

あわせて読む