蒼牛の小舍

風雅人・蒼牛の、のどかなブログ。
(……日々往来の、雑感を綴ります。)

「あらたなる天の祈りと産土~うぶすな~とひとひの契り梅に結ばむ」

2017-04-18 13:22:56 | 踊り

(:写真は、《よさこい連みづま》)



……この太宰府の真舞祭というお祭りは、とにかく、よく災難に見舞われる。
2005年の福岡西方沖地震は、まさにこれの開会式直前に起こったし、記憶に新しい東日本大震災においては、早々にあおりをくって、中止が決まった。(……他の有力な祭が、どこもほとんど強行開催したにかかわらず……;)

……昨年の熊本地震でも、その影響で一週間の順延を余儀なくされ、そこにもってきて、また今年のミサイルである。

(……まさに、朝の着替え準備等でドタバタしとった時、北からミサイルが発射されていたことを、帰りの道中で、知った。。)





……こんな稀有な1日に、この太宰府天満宮で出会えたということに、なにか、お引き合わせのようなものを、感じたのだった。





《あらた》(石川県)




“一休骸骨”
https://m.youtube.com/watch?v=ee0Rv4dmJb0

(:同KOBE ALIVE2016大賞受賞演舞)
https://m.youtube.com/watch?v=UwPG7sasQ4M

「今日のこのよき日は、冥土の旅の一里塚…
めでたくもあり めでたくもなし…」



……北陸のよさこいは、深い。
(……いつか、“能登よさこい”というお祭を、観に行きたい。)

……真っ正面のかぶり付きで、夢中になって観ていたら、これのすぐ後ろで踊られた《崋劉眞》の代表さんが、「……うちも負けぬ!」というお顔で、ブゼンとされていたのが、面白かった。(笑)



《長州よさこい連 崋劉眞》(山口市)



“輩”
https://m.youtube.com/watch?v=sSVd9i9th9g

“…命も要らず、名も要らず…官位も金も、誉れも要らぬ…
幾人の血を吸うてきたこの刃、尽きることなき人斬りの運命(さだめ)…

………我、天誅を下す!”



……ほぼ3、4年ぶりに拝見したのだけども、あいも変わらず、尚武の極みのような、凄みのある演舞だった。

(……
…ただ、ここ天満宮で人斬りの演舞というのは、やや、畏れ多かったのではなかろうか…;笑)



《産土~うぶすな~》(京都府)



……朝8時半ごろに会場入りした際、ちょうど受付の前で、この祭の主催者である太宰府の代表さんと、産土の皆さんが御挨拶されているのを見かけ、これはいい機会と、一緒に御挨拶させていただいた。

(……京都のかたがたは、美しい。。)

“豊年節”
https://m.youtube.com/watch?v=KjlUoiibvmA


…………天人か!



……《あらた》の皆さんとも、演舞の後にすこし御挨拶させていただいたけれども、この九州で、これだけの演舞をのせられる舞台は、ここ(:太宰府)しかないんじゃないか…と、思った。




……感慨にふけっていると、思いがけなく、後ろから、ふいに名前を呼ばれた。

……振り返ってみると、なんと、山口は下松市の、《天祈》の代表さんたちである!


……観に来られていたのだ。。
(……遥々…;笑)

《天祈》




“Rize”
https://m.youtube.com/watch?v=2Abmrp1lUpE
(2009年豪雨の鳥栖、全チームただ一度きりの演舞;そこで大賞受賞された、語り草の演舞)


……一昨年末、自分が福岡の“かすや祭”に観に行ったあと、すぐ休連されたと、Fbを通じ、知った。

(……まさか、ここで、お会いできるとは…。)



……奇縁、ここに極まれり。

………今日、ここに来られて、本当によかったと思った。







……踊る、《肥後真狗舞》の学生たち






………こないだは、“九州がっ祭”を、ありがとう♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大掃除が、はじまるよ… | トップ | ヨガとカレー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。