霜後桃源記  

安心、安全と美味しさへのこだわり
そんな「こだわりの農業ブログ」を毎日更新
主役の妻は生産部長、夫は営業部長兼雑用係

眼科

2017-04-04 19:31:55 | 健康
就農以来病気らしい病気は帯状疱疹を患った一度だけ。
それも普通に仕事をこなしながら通院で治癒した。

しかし、病院にかかったのはそれだけではない。
眼科にはこれまでに二度かかっていた。

最初はタラノメ林で転倒してタラノメのトゲで眼球を傷つけた。
二度目はチェンソウを使用中に切り屑が目に入り、マブタの裏側に刺さってしまった。
どちらも目をあけるのが痛く、涙がボロボロ出て困った辛い体験だった。




(プロの業者の伐採搬出作業)

残念ながら三度目が昨日あった。
チェンソウに給油の際に上げた防御面を下さないまま作業に入ってしまい、また切り屑を
目に入れてしまった。
傷みは前回ほどではなかったので「目を洗えば取れるもの」と思ったが甘かった。
色々とチャレンジしたが実を結ばす、結局、眼科で医者に取って貰った。

単にゴミを取り除くだけで診察料が3200円(薬代込み)。
しかし、半日痛みと涙目で苦しんだ挙げ句だったので、苦しみから解放して貰った感謝の気持ちが
優り、決して「高い」とは思わなかった。

そこの眼科で働いているフォルティシモ最若手のUチャンが診察前の対応をしてくれたことも幸い
だった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平泉の「道の駅」 | トップ | 堆肥散らし »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一大事でなく何よりです (じっちゃん)
2017-04-05 08:12:35
大事にならないで良かったですね。
と言うべきか、年々体の衰えもありますから
十分に注意してください。
やはり、日本の保険制度は助かりますね。
病気とは無縁の方は保険料の支払いが
高いと感じるようですが、病気になって
その有難味を痛感します。
過去に長期入院してよくわかりました。
Unknown (霜後桃源記)
2017-04-07 05:57:00
じっちゃん
コメントありがとうございます
以前にも話したかもしれませんが、目にゴミが入ることが多くなったように感じています。
これも老衰と関係があるのかもしれません。

保険料は高くとも医者と無縁の生活ができることを「感謝すべき」といつも考えていましたが、次第に保険の恩恵に浴するようになって来ました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。