霜後桃源記  

安心、安全と美味しさへのこだわり
そんな「こだわりの農業ブログ」を毎日更新
主役の妻は生産部長、夫は営業部長兼雑用係

五号ハウス

2017-03-06 20:11:05 | 機械
叔母達の応援も得てホウレンソウの収獲を終えた五号ハウスは5月の収穫を目指して大根を蒔く予定に
なっている。

ハウスの中を耕したのは廃車直前の小型トラクター。
「余命幾ばくもない宣告」を貰ってから既に10年以上が経過している。
次に故障が出たら「即廃車」となるが、土俵際に追い込まれてから力を発揮するタイプのようだ。
ハウス以外では使わないので使用頻度が少ないのも延命の理由かもしれない。



クボタの営業マンが廃車を「今や遅し」と待ち構えているが、その期待を裏切って「生きている化石」
を目指して貰いたいと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出っ腹 | トップ | 薪材運び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。