霜後桃源記  

安心、安全と美味しさへのこだわり
そんな「こだわりの農業ブログ」を毎日更新
主役の妻は生産部長、夫は営業部長兼雑用係

裏年

2017-07-06 20:53:07 | 果物

梅は隔年で「豊作と不作が交互にやって来る」と当地では信じられている。
その科学的根拠は不明だが、特段の手入れ等をしない「自然体」の場合は隔年で
裏年があるようだ。

昨年は大豊作だったので、今年は実の付きが少なかった。
梅干し用の梅が不足する場合、以前は市野々や中里の叔母から分けて貰ったり
したこともあったが、今はその元気はない。



自宅の梅を干すだけで目一杯で、産直販売用の「梅干し」が年度途中で完売と
なるのも「止むを得ないこと」と諦めている。
ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麦刈り 二日目(最終日) | トップ | 道の駅「平泉」の株主総会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。