霜後桃源記  

安心、安全と美味しさへのこだわり
そんな「こだわりの農業ブログ」を毎日更新
主役の妻は生産部長、夫は営業部長兼雑用係

新しい雛

2017-06-16 20:58:03 | 家畜

小岩井農場から鶏の雛を年二回に分けて仕入れるようになって三年目を迎えている。

以前は仕入れてから卵を産み始めるまで2~3カ月を要していたが、小岩井農場産は
一カ月ほどで産卵を開始する。
その分単価が高いが餌代と飼育の手間を省略できるメリットの方が遥かに大きい。


(雛と言っても成鶏との区別がつかないほど成育している)

軽トラから鶏舎に移す際に一羽が逃げ出してしまった。
外に飛び出しても捕獲し易い品種なので簡単に捕まえられると思ったのが間違いで、
物置小屋の狭い場所に逃げ込まれ見失ってしまった。

鶏舎外の鶏が翌朝まで無事でいる確率は極めて少ない。
かろうじて夕方には捕獲できたが、あわや狐に「購入したばかりの高価な雛」を
プレゼントするところだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「美しい日本」 | トップ | 早起きは三文の徳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。