霜後桃源記  

安心、安全と美味しさへのこだわり
そんな「こだわりの農業ブログ」を毎日更新
主役の妻は生産部長、夫は営業部長兼雑用係

草刈り

2017-07-17 18:25:30 | 

稲の穂が出る頃の「草刈り」はカメムシを田んぼに呼び込む恐れがある。
そのため各農家は穂が出る直前の今の時期に一斉に草刈りに励む。
連休だったこともあり集落内は早朝から四方八方で草刈機のエンジン音が鳴り響いていた。



出遅れた我が家も高森からスタートしたが、田んぼが隣接しているKさんやSさんは既に綺麗に
刈り取りを済ませていた。

夏の雑草は質量共に濃密で「春の草刈り」と比べると負担が大きい。
しかも「暑さ」が疲労を倍増させる。
「一日中草刈り」という芸当を年寄りに期待するのは無理なようだ。
ジャンル:
かなしい
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「中干し」の誤解 | トップ | 赤シソ  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
草刈 (sunasan)
2017-07-18 19:18:02
毎日のブログを見るのだけでも暑い暑いとブーたれて
いるわが身を恥じています。草を刈るだけでも大変
なのに刈る時期も配慮が必要なんですね。田んぼの
日干しとか、先人からのノウハウが役に立つんだと
改めて知りました。
日射病に気をつけて頑張って下さい。
Unknown (霜後桃源記)
2017-07-21 05:32:21
sunasanさん
コメントありがとうございます。
草刈りで疲労が蓄積している中でバドの練習に行きました。
それも欠かせない「私の人生」と思っています。
しかし、帰宅後のビールや酒が良くなかったようで、
その場で寝込んでしまい風邪をひいてしまいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。