霜後桃源記  

安心、安全と美味しさへのこだわり
そんな「こだわりの農業ブログ」を毎日更新
主役の妻は生産部長、夫は営業部長兼雑用係

薪作り その二

2017-03-15 20:47:44 | 生活
多賀城の叔父が今日からチェンソウにチャレンジした。

齢80歳の老人に無理強いは出来ないが、若い頃はソフトボールの国体選手でならし今でも
地元のチームに所属しているスポーツマンだし、元々手先は器用なので「普通の後期高齢者」
とは異なる。



それでも「不慣れな仕事は余分な力が入る」のは避けられない。
足や腰、腕や肩に負担がかかり、午後になったら「腰が痛い、腰が痛い」を連発していた。

モチベーションアップのため「力仕事をすると便秘が解消するよ」と励まし続けたら、本当に
その成果が現れたのは幸いだった。

いずれにせよ「途中放棄するタイプ」ではない。
叔父の苦行は今週末まで続く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恐るべき「三枚舌」 | トップ | デプスゲージ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
薪と老人 (sunasan)
2017-03-16 11:12:14
齢80にしてチェンソウに挑戦は凄い。私など後期高齢
者に突入したばかりですが、電動工具は怖いので、い
まだに手引き鋸やドライバーを使っています。ドライ
バーといえば、以前再就職した会社で同年代の者に
パソコンを操作しながら「外付けドライバー」を持って来
てといったら「ねじ回を持ってきてくれ苦笑したのを思
い出しました。
退職後、別荘地の那須高原に移り住み、快適な老後
を過ごしていた知人が電動芝刈り機の操作を誤り、亡
くなりました。そんなこともあり“電動”に馴染めないの
かも知れません。
しかし、外出に手放せなくなったのが、電動アシスト自
転車で愛用しています。
チェンソウはくれぐれも注意して使って下さいね。
Unknown (霜後桃源記)
2017-03-20 06:10:30
sunasanさん
コメントありがとうございます。
「のんびり百姓を」という言葉がありますが、自然の中で営む農業は危険が一杯です。
水、雨、風、火、樹木、川、山、谷等々が凶器に変わる場合があります。今はそれに農業機械事故が加わりました。
「生かされている」ことを神様に感謝するしかありません。

と思いつつ安全第一に努めています。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。