霜後桃源記  

安心、安全と美味しさへのこだわり
そんな「こだわりの農業ブログ」を毎日更新
主役の妻は生産部長、夫は営業部長兼雑用係

トウモロコシ

2017-06-13 21:25:44 | 野菜

トウモロコシ畑の中耕除草をしていて昨年同様に発芽率の低さに驚いた。 

もともとトウモロコシは発芽率が良くなかった。
播種機を使ったのが原因と思って「手蒔き」に替えたのだったが、原因はそれだけでは無かったようだ。


(色付き始めてきた朝の小麦畑)

来年以降の対策で二人の意見が分かれた。
生産部長は「ハウスで苗を育ててから移植する」だったが、その方法は手がかかるため作付面積を
大幅に縮小しなければならない。

しかし、人手が期待できない状況下で稼働が増加するのは得策とは思えなかった。
「完全撤退するか或いは播種機利用に戻し省力化を図ると共に発芽率の低さは面積を増やしてカバーする」
というのが私の主張だった。

その他の方策もあるかもしれないので「今年一杯時間をかけて検討する」つもりでいる。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売上減 | トップ | 木材の搬出 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。