霜後桃源記  

安心、安全と美味しさへのこだわり
そんな「こだわりの農業ブログ」を毎日更新
主役の妻は生産部長、夫は営業部長兼雑用係

小泉さん

2016-11-02 22:18:28 | 
蔦温泉で一泊後、八戸に向かった。
八戸在住の小泉信吉さんに会うのが目的だった。

小泉さんは八戸時代の同僚。
私が就農当初に無謀にも田んぼの「手取り除草」にチャレンジした際に小泉さんも
泥だらけになりながら手伝ってくれた。



何度か我が家を訪れている内にバアチャンと意気投合し、餅大好き人間の小泉さんが
遠路来訪するとバアチャンは餅を振る舞って歓待したものだった。

今回は時間が無く「八食センター」で昼食を食べながら近況を語り合うだけだったが、
小泉さんは「今度、久し振りに一関に行く」、私は「改めて八戸に出直す」と互いに
決意表明をしあって別れた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千年の秘湯 蔦温泉 その三... | トップ | 種蒔き終了 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かつとし)
2016-11-02 23:21:24
ご無沙汰してます。
八食センターでは何を食しましたか?
私は仙台在勤の出張時には、新鮮な回転寿司を戴いていました。
また、駅前の居酒屋で、菊駒を飲みながら、烏賊の腑を食べるのが好きでした。

個人的な見解で失礼しました。
Unknown (霜後桃源記)
2016-11-07 05:56:57
かつとしさん
コメントありがとうございます。
開店寿司屋さんは魅力でしたが、待ち行列が長かったので諦め海鮮丼で済ませました。
烏賊腑でお酒とは「通」ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。