霜後桃源記  

安心、安全と美味しさへのこだわり
そんな「こだわりの農業ブログ」を毎日更新
主役の妻は生産部長、夫は営業部長兼雑用係

トウモコシ畑

2017-07-15 21:03:45 | 野菜

トウモロコシ畑の中耕除草は従来通り管理機で行うことにしていたので畝幅も
従来通りの設定としていた。
結果論からすれば「中耕ディスクを活用すべき」だったが、今年は試行実施の
ため一気に変更することが躊躇されたのだった。



この畑は一回目の中耕除草をしただけでその後のフォローが出来なかった。
雑草が繁茂し法面草刈機で刈った後でないと管理機が入れない状態となって
いた。

タイミングを失したため余分な稼働がかかることになったが、今なら十分に
挽回可能なので早速草刈機を走らせた。
ジャンル:
かなしい
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 産業革命に匹敵 | トップ | 「中干し」の誤解 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大変なことに (じっちゃん)
2017-07-16 07:37:19
写真だけを見ると、トウモロコシが
どこにあるのかわからないくらいに
雑草に埋もれてしまっていますね。
雑草の伸びとトウモロコシの伸び、
競争しているみたいですね。
Unknown (霜後桃源記)
2017-07-17 00:57:35
じっちゃん
コメントありがとうございます。
こんな畑でもまだ救出可能なので、手順を踏んで
再生させるつもりです。
目論見通り進んだらブログに写真をアップしたいと
思います。

コメントを投稿