霜後桃源記  

安心、安全と美味しさへのこだわり
そんな「こだわりの農業ブログ」を毎日更新
主役の妻は生産部長、夫は営業部長兼雑用係

昨日の毎日新聞

2017-06-19 20:47:50 | 社会

昨日の毎日新聞の社説とコラムに同じ危惧を抱く者として抜粋して紹介したい。

〇社説「議論封じて国会閉会 これは議会政治の危機だ」より

確かに最後は多数決で決めるのが議会制民主主義のルールだ。しかし、その過程では多様な意見に
耳を傾け、極力一致点を見いだしていくことが大切だ。先人が作り上げてきた、その原則が壊され
始めている。
首相の姿勢や手法に対して自民党から異論がほとんど出ず、公明党も自民党の独走を抑止する役目を
果たしていない。深刻なのはそこだ。
議会政治の危機だ。
この国会で何が起きたか忘れないようにしたい。


(夕方、スナックエンドウを収獲し明日の出荷に備えた)

〇松尾貴史のコラム「ちょっと違和感」より

日本中が、疑惑について注視している問題の当事者である加計孝太郎氏(加計学園理事長)は、
いったいどこで何をしているのだろう。社会的地位も責任もある重要人物が、これほどまでに
徹底して生で動く姿を現さない、生の声も生の言葉も発しない状況に、強い違和感を覚える。

バリューがあるわけでもないくだらない私的スキャンダルで芸能人の自宅に押し寄せ呼び鈴を
鳴らし取り囲んでマイクを突きつけるマスコミの皆さんが、なぜこれだけの問題の当事者に
直接取材しようとしないのか。
桁違いの「アンタッチャブル」な恐怖が、この事件の闇を取り囲んでいるのだろうか。ひょっと
すると、取材しようと挑戦してはいるのだけれど、「上から」の意向、プレッシャーによって
握りつぶされている、などということがないように祈る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イジメラレッ子 | トップ | 小麦適期刈取指導会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じ危機感 (sunasan)
2017-06-20 15:17:46
それにしても、まだ支持率が半数近くあることにビック
リです。「丁寧に説明する」「国民の生命を守る」、なん
ども繰り返されると、本当に国民のことを思ってくれる
総理だと暗示にかかってしむのでしょうか。

短命内閣(民主党になる前の自民も含めて2006年から
2012年までの6年間に安部、福田、麻生、鳩山、菅、野
田の6人の総理がいました。)では、国会がまともに機
能しないことに嫌気がさして、長期政権を国民の多数
が望んだのは事実でしょうが、民主主義を根幹から揺
るがす政権を望んだわけではありません。

国民のための政治などとの言葉を丸ごと信じてはいま
せんが、日本の将来を少しでも考える良識派というよ
り、普通の人はいないのでしょうか。

Unknown (霜後桃源記)
2017-06-22 04:39:25
sunasanさん
コメントありがとうございます
安倍内閣の支持率が不当に高いのはマスコミ対策が功を奏しているためと受け止めています。
その陰にNTTの広報担当課長を経験している世耕大臣の存在があったようです。
週刊誌によると「日本のゲッペルス」と評されていたようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。