プロ家庭教師 俵屋の日記

気になること あれこれ

学校の英語

2017年04月20日 | 英語
新中学生は学校にも慣れて、部活なども始まった頃でしょうか。


神社の八重桜が満開です。


多分八重桜‥


つぼみがかわいらしいです。


中学から英語が本格的に始まる訳ですが
少し前に知り合いとの雑談中に学校英語の話になったのですが
その知り合い曰く
「中学・高校の英語は全くの時間の無駄だった!!」

何だ学校英語に親でも殺されたか、くらいの勢いだったのですが
まあよく聞く6年間も習ったのに全く話せないのであれは時間の無駄だった!
ということのようで。

いやそんなことないよ?と言っても
いや無駄だった!あんなジャパニーズイングリッシュの発音の授業しやがって!
学校英語をやって話せるようになるなんて言う人は自分の周りにはいない!
とまあほんとうに何があったんだか。
何十年も前の話だろうに‥


6年間も英語をやったのに話せない理由については今まで色々聞いてきましたが
その中でなるほどな!と膝を打ったのは
「必要がないから」
という理由ですね。

日本人が日本で働いて生きていくのに英語は「必要」ではないと。
確かに日本中どこでも日本語が通じますし
大学の講義も日本語ですし
日本語しか話せなくても普通にお給料がもらえる職業につけますし‥


まあ、それとは別に、学校英語は全く役に立たないなんてことはありません。
中学英語を真面目にやれば基本会話くらいはできるようになりますし
将来ついた職業で英語が「必要」になったときに学校で基礎をやっていれば大変役に立つでしょう。


ちなみに、日本人が英語を話せない理由については、故ナンシー関さんの唱えた
「『ワォ!』とか『オーマイガーッ』とか『アンビリーバボゥ』といった英語を喋れるか喋れないかは技術や知識の問題ではなく、魂の問題なのだ。」
説が私は大好きです。
詳しくはナンシー関著『何が何だか』をどうぞ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜終了 | トップ | 英語の復習 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

英語」カテゴリの最新記事

カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • RSS1.0 RSS2.0