プロ家庭教師 俵屋の日記

気になること あれこれ

かりんの砂糖煮

2017年12月08日 | 日記
教え子のお母様から、庭でとれたというかりんを頂きました。

大きくて、重い‥

花の香りがして、自分が今まで抱いていたかりんのイメージと違ってちょっとびっくり‥

切ってみました。

私の勝手なイメージでは、みかんみたいになっていたのでまたびっくり。

ジャムを作ろう!と思ってレシピを調べてみましたが、
ジャムはなんかエキスだけ使うとかで皮や実がもったいないので却下、
蜂蜜漬けは時間がかかるので却下、

ということで、一番簡単で無駄がなさそうな砂糖煮にすることにしました。

渋みというか何かがあるそうなので、塩水に漬けます。

入りきらない‥

いちょうに切って


ひたひたの水とたっぷりの砂糖で煮ていきます!

ぐつぐつ‥

レモン汁と赤ワインを入れてさらにぐつぐつ‥

30分後にはこんな感じに。

味見をしたら、ちょっと酸味があって、苦みもちょこーーーっとあって‥
こんなもんなのかな‥

手持ちの鍋では全量を煮ることができなかったので
2回に分けたら2回目の方がかなり甘くなってしまいましたがまあよしとしましょう‥


でき上がりました!

小瓶2個とタッパー5個になりました。

小瓶はかりんを下さったお母様にお裾分け。
実家の母にもお裾分け。

ヨーグルトにかけて食べていますが、いいお味です。
かりんは咳止めとかインフルエンザ予防とか便秘予防とかの効果が期待できるそうなので
教え子にも食べてほしいですが、さて‥


中学生は来週が期末テストです。
いい冬休みが迎えられるように、しっかり学習しましょう!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陽水と玉置浩二 | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

カレンダー

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • RSS1.0 RSS2.0