創価学会を卒業します!

学会二世。40代女。創価学会脱会宣言済み。これまでの日々を綴りながら、精神的にも完全に創価学会からの卒業をめざします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はじめまして。

2020-09-23 13:41:28 | 日記
私は学会二世、創価学会の家に生まれ、生後三ヶ月で創価学会に強制的に入信させられました。 物心ついた頃には創価学会の会合に出るのが当たり前になっていました。 幼稚園にもまだ入園していない時期から、昼も夜も近所の家である会合に行ったり、選挙があると公○党の応援に一緒に連れて行かれたり。 小学校にあがる頃になると「少年部」というのがあり、それに参加しないと母親が怒り狂うので、友達と遊ぶのも我慢して参加し . . . 本文を読む
コメント (4)

創価学会を卒業します!

2016-10-22 05:43:18 | 日記
少し前の記事からお知らせをさせていただいておりましたが、この記事の更新をもちまして、ブログの更新を終了させていただきます。 ただ、ブログ自体は残しますので、もう更新はしないブログではありますが、それでもよろしければリンク等はご自由にしていただいても大丈夫です。 このブログを書こうと思ったのは、あくまでも自分の気持ちの整理のためでした。 自分の気持ちを整理し、マインドコントロールから覚醒してもなお . . . 本文を読む
コメント

私が創価学会の脱会に踏み切らざるを得なかった理由

2016-10-21 05:31:50 | 日記
そもそも創価学会が間違っていたと気づき、勤行唱題も聖教新聞もやめても、 躁鬱病であり創価学会を盲信している母のことを考えると、脱会するのは母が死んでからにしようと思いました。 しかし、選挙となると必ず婦人部の人がやって来ます。 私はもううんざりとしていました。 母の病気のこともいったい何度説明したのやら……。 躁鬱病で躁状態になると人に迷惑をかけます。行きすぎると自殺もある病気です、と言っています . . . 本文を読む
コメント (6)

創価学会のご本尊を処分したら罰は当たるのか?

2016-10-20 05:14:53 | 日記
お題目と勤行をやめ、聖教新聞もやめた。 残っているのはご本尊です。 これに関しては私は勢いだけで処分することは出来ませんでした。 「対話を求めて」の中でも、ご自分で処分したけど大丈夫だったというお話や、お寺に返したという人もいたり、 学会本部に送り返したという方など、処分の仕方はそれぞれのようでした。 そして共通していたのが、どなたも「罰なんて何もない」ということでした。 これはお題目と勤行をやめ . . . 本文を読む
コメント (4)

聖教新聞をやめたのに、翌月勝手に申し込まれていた件

2016-10-19 05:52:06 | 日記
お題目と勤行をやめた私は、聖教新聞もやめることにしました。 聖教新聞をやめるに当たっては多少の葛藤がありました。 きっと母に連絡がいくだろうと思ったからです。 私が聖教新聞をやめたと知って、母は動揺したりまた精神不安定になったりしないだろうかという心配がありました。 自分が覚醒した今、父や母にも覚醒してもらいたいという気持ちは自然とわいてきました。 でも、あの二人が覚醒してその事実を受け入れること . . . 本文を読む
コメント (2)