少女時代の研究

KPOPの代表的女性グループ、少女時代のご紹介。少しでもその魅力を知っていただきたいので!(あまり詳しくない方向けです)

少女時代テヨン、ソロコンサート「TAEYEON solo concert – PERSONA」ソウル、台北、バンコク、香港とアジア各国をめぐったツアーが無事終了

2017-06-14 18:57:30 | 日記

日本では開催されず、ソウル・オリンピックホールから全国50ヶ所以上の映画館での生中継がありました。

テヨンは、現役女性歌手としては世界的に見ても3指に入ると思います。
KPOPファンでない方も、ぜひ1度テヨンの歌声を聴くことをお勧めいたします。

関連記事がネットに出ましたので添付させていただきます。
添付:
少女時代 テヨン、香港コンサートを成功裏に終了…初アジアツアーの“華やかなフィナーレを飾る”
OSEN |2017年06月12日13時18分
 
写真=SMエンターテインメント

少女時代のテヨンが香港コンサートを最後に、初のアジアツアーを成功裏に終えた。

テヨンの初のアジアツアー「TAEYEON solo concert - PERSONA in HONG KONG」はソウルを皮切りに台北、バンコク、香港などで開催され、各都市でチケット完売はもちろん、ソロ女性歌手としてさまざまな記録を打ち立て、テヨンのチケットパワーとグローバルな存在感をもう一度証明した。

 今回のツアーのフィナーレを飾った香港コンサートは10日と11日、香港アジアワールドエキスポホール10で開催され、テヨンの素晴らしい歌唱力と多彩な音楽世界を満喫できる公演で、2日間で1万人余りの観客から爆発的な反響を得た。

特に、今回のコンサートは5月8日に行われたチケット販売で全席完売を記録し、現地のファンたちの声援により1回の公演を追加して2回に渡って開催され、韓国のソロ女性歌手が香港で2回に渡ってコンサートを開催するのは今回が初めてであるだけに、テヨンの人気の高さを証明した。

テヨンは今回の公演で「Fine」「Time Lapse」など、1stフルアルバムの収録曲を始め、「I」「Why」「双子座」などミニアルバムの収録曲まで、多彩なソロ曲を披露し、ボーカリストとしての能力を余すことなく発揮し、今回のツアー演出はSMエンターテインメントのパフォーマンスディレクターファン・サンフンが務め、テヨンの魅力を最大限に引き上げたステージに構成し、現地のファンたちを完璧に魅了した。

また、観客たちは少女時代を象徴するピンク色のペンライトで会場を染めたのはもちろん、さまざまな韓国語プラカードイベントを用意し、テヨンを感動させた。

元記事配信日時 : 2017年06月12日10時06分 記者 : チョン・ジウォン

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 進化し続ける少女時代ヒョヨ... | トップ | さあ、いよいよ少女時代デビ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。