中年おじさんの散策part2-3

東京都内・海外の散策を楽しんでいる叔父さん。いろいろなところを散策し記憶として記録しています。よろしかったらご覧ください

散策 「東京中心部南 269」 烏森神社

2016-11-08 06:03:07 | 東京中心 南

このブログは「中年おじさんの散策」3の継続版です

 

20160825 東京南 
東京都港区新橋 烏森神社
 社伝によれば、天慶3年(940年)、平将門が乱を起こした時、鎮守府将軍藤原秀郷(俵藤太)が武蔵国のある稲荷神社に戦勝を祈願したところ、白狐が現れて白羽の矢を秀郷に与えた。その矢によって速やかに乱を鎮めることができたので、それに感謝してどこかに稲荷神社を創建しようと考えていた所、秀郷の夢に白狐が現れ、神鳥が群がる場所が霊地であるとお告げした。秀郷が現在地である桜田村の森に来た所、お告げの通り烏が群がっていたので、そこに神社を創建したのが当社の始まりであるという。
江戸時代の稲荷ブームの際には、初午の稲荷祭の賑わいは《江戸で一二を争うものであった》という(境内案内板における山田將夫宮司の説明、1971年)
新橋には他に日比谷神社があり、大祭は日比谷神社と交互に隔年で行われる。当神社の大神輿は1930年に名人・山本正太郎(通称だし鉄)によって作られた巨大なもの。「だし鉄の最高傑作とも言われている」と境内案内チラシにある。境内に木遣塚あり。また「心願色みくじ」なるものが頒布されている。

 

 

 

 

 

中華街シリーズも34回目。今日は華錦飯店で「点心コース」。大サービスで大盛り上がり。

...新橋から銀座の裏路地巡り「三州屋」すら「むつ味」「はないち」...中華街の後は野毛へ。「2016野毛通④」椿。開店と当時に世話になりました。2品もつけてくれました。...有楽町路地を歩き銀座のガード下・路地巡るたび 比谷公園・松本楼 3...
中年夫婦の外食 2016/11/06 15:54:00

ratuko00.exblog.jp

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散策 「東京中心部南 26... | トップ | 散策 「東京中心部南 27... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東京中心 南」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。