中年おじさんの散策part2

散策内容を紹介します
七福神・温泉・散策案内が主なものです。

史跡-101 品川宿⑤ 海徳寺

2016-09-18 04:27:37 | 墓・史跡・古墳

このブログは「中年おじさんの散策」2の継続版です

 

20160519  東京南西・史跡
東京都北品川区南品川
    品川宿⑤ 海徳寺
  日蓮宗寺院の海徳寺は、自覚山松陽院と号します。海徳寺は、大永2年(1522)鳥海和泉守(法名自覚院岸日性)が出家し自宅を寺としたといい、松陽院日増(天文14年1545年寂)が開山したといいます。鳥海和泉守の子孫は、江戸時代に名主を務めた利田吉左衛門だといいます。  此地は昔鳥海和泉守と云う人の屋敷で、大永2年家を捨てて寺とする。和泉守の法名を自覚院松岸日性と云い、卒年は不明である。和泉守の子孫は名主利田吉左衛門であると云う。
  490年以上の歴史を持つ品川区の日蓮宗寺院
京浜急行「新馬場駅」より徒歩5分の好立地にある由緒ある寺院。寛延4年(1751)、江戸時代の中期に完成した現在の本堂は、区内でも屈指の古い木造建物である。広々とした境内は緑が多く、別称を「花の寺」と言割れるとおり、春の境内は桜、藤、キョウチクトウ、山吹、カイドウなど、数多くの花が咲き競う。 

 

 

 

三州屋(大衆割烹) 第3回 新橋から銀座の裏路地巡り、銀座周辺を散策しましょう

...品川から大崎,戸越銀座を経て目黒までのた...三州屋(大衆割烹) ...フレンチコース)」3500円 「レストラン ラ・カンサトゥール ...銀座の路... 中年夫婦の外食 ...
中年夫婦の外食 2016/09/17 06:14:00

ratuko00.exblog.jp

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 史跡-100 品川宿④ 品海... | トップ | 第33回 元町の裏通りを散策... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

墓・史跡・古墳」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。