中年夫婦の外食 総集編

情報を共用し,多くの方の意見も頂きたい思います。気ままな食生活。

散策の帰り道。ディープな居酒屋で2次会。武蔵小山「牛太郎」

2016-11-26 05:30:17 | 呑み屋
b0142232_06565666.jpg

 

b0142232_06570445.jpg

 

b0142232_06571143.jpg







 下町にはいまだに信じれないコストパフォーマンスを呈してくれる店舗が探せばまだあるある。一般的に江東区・墨田区をイメージするが、最近開発しているのが「武蔵小山」。その中でも、牛太郎はやはりひい出でいる思う。武蔵小山商店街は戸越銀座につながる長いスタイル。元気な商店街である。

 そこから一本はずれた道路に位置する居酒屋。カウンターのみの小さな店舗である。20人程度の店舗は、常に常連客で満たされている。今日は、知り合いを連れて3名での出陣。カウンターには、隙間は無い。そこは気持ちの良い方々の寄り添い。幅をあけてくれてどうにか入り込む。

 通常店主は管理しているだけで、案内などしない。順番通り(店内にも待合の長椅子が置かれている)空きに応じて座る。非常にシンプルな椅子なので、座り方によってはいかようにもなる。今日は女性も一人。我々がガードして座る。古びた店内は、決して立派とは言い難いが何か落ち着く。

 ビールを頼み、まずは「トンちゃん120円」。モツ煮の汁のないような物。価格も異常に安い価格。私はモツによりも好きである。当然もつ煮も頼む。こちらも100円。ビールも大瓶で500円だから角打ち価格。お連れしたお二人もどうにか落ち着いたようで、のんびり仕始める。モツが食べられるというのでお連れした。

 さっぱりした物も食べて見たいので、「高野豆腐」を頼んでみた。私も初めての経験。あっさりとした仕上がりとなっていた。日本酒にも合いそうなので、日本酒を頼む。燗つげ用のアルミ容器でそのまま出されたレディーは何か不思議な顔。初めてらしい。当然このまま飲むことは通常無いと思うが。

 男性陣は、ホッピーに転化。やはりこういう店ではホッピーが合う。ガツ酢というのも興味があるというので頼む。食感を楽しむ物。今日の仕上がりはなかなか良い。おいしい。やはり焼き物も食べたいというので頼んでみた。①かわ②タン③頭を注文。珍しく、各自に別皿で出してくれた。辛子も添えてある。

お腹も満たされ、胡瓜の漬け物(おしんこ)。刻み生姜がのせられて風味も良い。日本酒もお代わり、焼酎(中)も追加。節終了凍ました。これだけ飲み食いして、一人1000円程度。ありがたい店である。


世田谷美術館 フランス料理レストラン ル・ジャルダン シェフコース 3400円

...武蔵小山「牛太郎」モツ焼き・とんちゃん...世田谷区総合運動公園-厚生年金スポーツセンター-砧公園-世田谷美術館-長円寺-岡本民家園-玉川寺-ガーデンアイラント-二子多摩川SC-二子玉川駅(東急田園都市線)世田谷美術館 フランス料理レストラ...
中年夫婦の外食 2016/11/02 06:14:00

ratuko00.exblog.jp

 

 

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世田谷美術館 フランス料理レ... | トップ | 等々力渓谷の散策。途中にあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

呑み屋」カテゴリの最新記事