analog player & Vacuum tube amplifier

アナログプレーヤーとアンプについての日記の様な物たまにデジタル

DP7000修理

2014-12-28 00:16:30 | プレーヤー

DP7000の回転がロックしない。今まではVari/Normの切り替えスイッチを何回か押したら直った。購入当初はやはりロックせず、焦ったものだった。その時はカセットデッキのヘッドクリーナーで、タンテの検出ヘッドを掃除し、磁気記録部を洗剤で掃除したら直った。これでしばらく使っていた。今回は様子が違った。どれも効果無し。買ってから約22年。1976.8発売とHPに有るので38年。寧ろ良く持ったもんである。

DP7000はあまり出回ってないのかも知れなく、DP3000、DP80の修理がWEBで見て取れる。それによると、トランジスタ、FETの異常、と言うのが有った。ノイズを出すのだそうだ。それと半固定抵抗の劣化。これはまあ解かる。あとは水晶発振器の交換が有ったが、これだったらお手上げである。あとは抵抗器の破損。抵抗体とリードを接続するキャップが取れた画像は初めて見た。

配線を追っていくとこの基盤が回転コントロール部らしい。

2SA458、2SC653、FETの2SK40がこの基盤で使われてるトランジスタである。K40は若松通商に在庫が有ったが、他は代替えを探した。

A458はC1815、C653はA1015となった。秋月電子に在庫が有った。

交換してみよう。しかし秋月は凄い人だ。

『オーディオ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« monoPower組み直し2 | トップ | DP7000修理2 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL