goo

カスタマイズ v(^^)v(2008.5.14)

 
soroは 4月25日のエントリーに、
 「さっそく、GV-1とGH-1の付いた重装備の(爆) GR DIGITALに、平野さん手作りの(ヌメとクロームの「なめし」の牛皮を使用している)速写ケースとストラップを付けてみました。なかなかいい感じになりました。v(^^)v   明日、雨が降らなかったら、このGR DIGITALを持って、GW初日の街に出てみようかなと思っています。(^^)/」と記しました。

 しかし、HOOD&ADAPTERのGH-1の角型フードがどうもいただけません、何とかもっと素敵なフードがないものかとネットサーフィンしたところ、MS-OPTICAL-R&Dのアイテムの中に素敵なスリットフードが用意されていました。(^^)

 ところが、そのスリットフードは39mm以上のものばかりでしたので、さてどうしようかと思い悩みながらネットサーフィンを続けたところ、GR DIGITALiを楽しそうにカスタマイズされているSさんの魅力的なブログ、「metalmickey's blog」にアクセスすることができました。v^^v

 Sさんは、ご自分のGR DIGITALにGH-1のADAPTERだけを利用されながら、ケンコーの37-46mmステップアップリングとMS OPTICAL R&Dアイテムの中の、46mmのスリットフードを利用されて、とても素敵なカスタマイズをされていたのでした。^^V

 Sさんのカスタマイズの影響を受けたsoroはさっそく、オンラインショップのcomphoto cameraからMS-OPTICAL-R&DのM46スリットフードを、またケンコー光学のオンラインショップからはケンコーのステップアップリング 37-46mmを購入することにしました。

 それらの、カスタマイズ用のアイテムが、昨日と今日、あいついで、宅配便やメール便で、soroのもとに届いたので、今日の午後GR DIGITALにセットしてみました。その結果soroのGR DIGITALは、とてもいい感じのカメラになり、soroはいま、大喜びしているところです。v(^^)v
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日の午後 (^^) (2008.5.13.)


 今日の午後、soroとワイフは約1ヵ月ぶりに坂戸西診療所に行き、矢追インパクト療法を受けてきました。これで少し元気になったsoroとワイフは、帰路は我が家へと直行しないで、寄り道をしてしまいました。(^^)

 まず、はじめに立ち寄ったのはJマート坂戸店でした。ここでsoroは、#60~#320のサンディングペーパー20枚とペッパーミルを購入しました。そのペッパーミルは、いずれ解体し、その本体のミル部分だけを利用して、タモ材でペッパーミルを自作するもりです。

 その次に立ち寄ったのは、Jマート坂戸店の近くの(前にも一度行ったことのある)サンメリー「石窯パン工房」でした。ここでsoroとワイフは、(いま評判の)葉酸ブレッドや、天然酵母コンプレ、石釜サワーカンパーニュ、抹茶ハーフなどを購入して、午後4時過ぎに帰宅しました。

 ところで体にいいといわれている葉酸そのものは、枝豆、ソラ豆、白インゲン豆やウズラ豆、アスパラガス、ホウレン草、ブロッコリー、オクラ、芽キャベツなどに多く含まれていて、動脈硬化の危険因子といわれている血液中のホモシステインを減少させて脳細胞と血管を守ってくれるのだそうです。v(^^)v

 高齢者のsoroは、アルツハイマー性の認知症や脳梗塞による血管性認知症の予防のためにも、これからは、(葉酸ブレッドだけでなく)これらの野菜類を、できるだけたくさん食べるように心がけ
たいと思いはじめています。^^V
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

白くなりはじめた総苞片^^ (2008.5.12.)

 
 soroは「パトリアおがわ」の休館日の今日、PENTAX K10D+SIGMA 70-300mm F4.5-5.6 APO DG MACROを持って、近くの陣屋沼緑地公園行ったところ、山法師の総苞片は、(まだ「四照花」といえるほどではないのですが)1週間前に比べると、少し白くなっていましたので、その姿をフォーカスしてきました。^^v


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

白い花(2008.5.11.)

 soroは、2005年5月20日のNo Blog,No Life!に、
 「昨日、soroの家の庭の西北隅に、「エゴノキ」を植えました。 「エゴノキ」を植えた理由は、庭の西北隅あった(樹齢、約30年の)カエデが、カミキリムシの幼虫(鉄砲虫)に幹の中を食べられて、枯れてしまったからなのです。
 最近、庭木として人気のあるこの「エゴノキ」は、学名がStyrax japonicaで、「ロクロギ」(轆轤木)とか、「チシャノキ」などという別名もあります。春、棚状にひろがった枝の下に、たれさがるように無数の可憐な白い花が咲くのだそうですが、(その果実の)果皮には、エゴサポニンという物質が含まれています。
 昔は、その麻酔効果を利用して、魚をとったり(今は禁止)、ときには、洗濯石鹸のかわりにも使っていたそうです。 この樹形と花と葉の美しい「エゴノキ」の若木が、順調に育ってくれるといいのですが………。」とエントリーしました。

 ところで、その「エゴノキ」の小枝には(その翌年から、毎年、春5月になると)、「無数の可憐な白い花」が咲くようになっていたのですが、今年は、今までになく、たくさんの白い蕾が小枝につきはじめ、いくかのものは、すでに開花しはじめています。あと何日かすれば、満開になり、やがて灰白色の果実が、たくさん生ることでしょう。^^V

 今年は、(水に入れるとよく泡立つ)その果実の皮を、洗濯石鹸のかわりに使って、自分の靴下などを手洗いしてみようかなと思っています。(^^)   なお、余談になりますが、この木に「ロクロギ」の別名があるのは、緻密で粘り気のある「エゴノキ」材は、しばしば「木工ろくろ」での細工用に使われたことがあるからなのだそうです。
 soroもそのうち、「エゴノキ」材を利用して、木の器づくりをしようかなと思いはじめているところなのですよ。(^^)/~
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ノムラカエデの「翼果」(2008.5.10.)


 
 soroは、去年の5月6日(雨の日)のエントリーに、ノムラカエデの「翼果」の写真を添付しましたが、今年の、今日5月10日(雨の日)も、なんとなく春雨にすこしぬれた(まるで可愛い翼を広げたような)ノムラカエデの「翼果」の写真をプログにアップしたくなり、「パトリアおがわ」から帰ってからの午後、その姿をフォーカスしました。(^^)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ