納豆炒飯と青いパラシュート(保守左派/楚練のブログ)

・『余命三年時事日記』の「外患誘致罪告訴」に協賛中
・当ブログ独自企画 → 公安・総務省メール(中韓系の人にもお勧め)

[公安メール2017夏臨時] 日韓断交と在日韓国朝鮮人の帰国強制など/新規7題

2017-07-11 17:47:03 | 公安メール2017夏 ←☆最新版☆
日本防衛の「戦線」から自分が脱落・逃亡する前に、ちょっとばかり気になる記事があったので(↓)。
……もはやテロ等準備罪(共謀罪)の施行の一週間前で「今更」感がアリアリなのだけれども、「2017夏臨時」として何題か起草・公開しておく。

『神州再生を願うブログ』(信濃氏 http://yomeinomatome.blogspot.jp/)の
「そこそこ自由な掲示板」(https://yomeinomatome.com/keijiban/)のページにも、コピペ掲載を要請しておきます。

これ(これまでの公安メール・テンプレも含めて)を一つの「見本」として、
保守・愛国有志の方々で何か「メール陳情&署名」の発案がありましたら、あちら(『神州~』)や他の信用できるWeb保守系ブログで発議・相談してみるといいかもしれません。


『U-1速報』
・翁長知事に敵対した公安委員が『悲惨すぎる末路を迎えて』自民党が激怒。基地反対派に正論を吐いたことが仇に
 http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50500962.html
--------------------------------------------------------------
沖縄県の翁長雄志知事は5日、県公安委員の任期を迎える天方(あまかた)徹氏(45)を再任せず、元沖縄弁護士会会長の阿波連(あはれん)光氏(52)を任命する人事案を県議会に提出した。同県公安委員は3期9年務めるのが慣例で、本人の意向に反して1期で退任させるのは初めて。県政野党の自民党は「政治的中立であるべき公安委員人事が県政与党の共産党の圧力で覆された」と批判、徹底追及の構えだ。
14日の本会議で人事案が承認されれば22日付で阿波連氏が公安委員に就任する。天方氏は平成27年4月、翁長氏の推薦を受けて公安委員に就き、県側は当初、今月21日の任期満了で再任の方針を伝えていた。
天方氏は28年10月の県議会9月定例会で、米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設工事への抗議活動を警備する県警機動隊が「不当弾圧」と指摘されていることに「県警の活動は違法行為などに対処するもの。『弾圧』や『不当弾圧』は主観的、扇動的で、必ずしも正しい表現ではない」と答弁した。これに反対派が弾圧されていると主張する与党側は強く反発していた。
この日の本会議で質問に立った山川典二氏(沖縄・自民党)は「人事案は6月上旬の与党調整会議で変更された。共産党などの政治介入があった。前代未聞の問題だ」と指摘した。照屋守之氏(同)も「本人の意向を聞かずに公安委員を再任させないことがあしき前例になる」と非難した。
退任させる理由について金城武・県総務部長は「天方氏が所属する事務所の弁護士が前副知事の裁判に関わっており、(再任は)法的に問題ないが県民に疑念を抱かせると判断した」と説明したが、「疑念」の詳細を詰められると言葉に窮した。翁長知事は3日の本会議で「与党の圧力はなく、私なりに総合的に判断した」と述べていた。

http://www.sankei.com/politics/amp/170705/plt1707050033-a.html
2017.7.5 19:58
--------------------------------------------------------------


※『スターウォーズ』のカーボナイト凍結されたハンソロ氏の画像を置いておきますね(泣?)
============================================================================================

……で、以下が「夏臨時」の新しいコピペ使用用のテンプレ数題。
あくまでも先鞭をつける「例示」なので、有志の方から別件の新しい独自発案などありましたら、冒頭で紹介した『神州~』ブログの掲示板などで提案してみてください。
 ※(送信先)公安調査庁の意見募集ページのアドレス psia@i.moj.go.jp


[公安メール2017夏臨時] 日韓断交と在日韓国朝鮮人の帰国強制
-----------------------------------------------------------
韓国の反日狂気とモラルハザードは我々日本と日本人の忍容できる範囲を大幅に超えている。
戦後七十年以上に渡る虚言と捏造と背信と裏切りには、もはや我慢することがならない。
ゆえに「日韓断交」を強く支持し、併せて韓国・北朝鮮の日本に対する破壊と侵略工作の数々を国際社会に糾弾されたし。また、産業や文化面での卑劣な工作にも、日本の政府による断固とした処置を要求する。

在日韓国・朝鮮人は戦後七十年以上に渡って非行に非行を重ねてきた。さらには現在も日本国内で数々の侵略・浸食工作の尖兵となっており、韓国の戦時動員令からしても実質的に「便衣兵」に他ならない。
この機会に帰国強制を支持する。反日活動・犯罪等の非行が著しい者には、死刑・懲役・罪人としての強制送還が望ましい。
ただし比較的に穏健かつ善良であった者たちには最後の慈悲による配慮・善後策も検討されたし(悪辣に過ぎた者と何かしらの差を設けねば「悪平等」になってしまうし、そうでなければ我々日本・日本人からの公正と温情の観点からしても不本意である)。具体的には一定額まで個人財産を保証・補填した上で、日本・アメリカによる帰国支援の下で済州島などに集団帰国させることが望ましい(在米韓国人にも同様の処置を取られたし)。また、帰国後の兵役なども在韓米軍指揮下とし(兵制などでも、志願による長期と一律義務の短期軍務などの独自制度を工夫するのが良いだろう)、帰国先(済州島)で一定の自治権・警察権による安全と自主性を付与することを検討されたし。


(以下、個人意見やメッセージ↓)

-----------------------------------------------------------
※こちらの初出は二つ前のまとめ記事の末尾の「日韓断交」
※『神州再生を願うブログ』(信濃氏)の「そこそこ自由な掲示板」に頼んで掲載してもらった「ラストシューティング」(?)です。


[公安メール2017夏臨時] 沖縄県の反日活動家への対抗措置
-----------------------------------------------------------
沖縄県と沖縄県民は、反日活動家や反日外国人の跋扈によって生存の危機にすらさらされています。
沖縄県の翁長雄志知事と元沖縄弁護士会会長の阿波連(あはれん)光氏、県内の共産党関係者を外患罪ならびに共謀罪の容疑で逮捕されたし。
また、現在の県公安委員である天方(あまかた)徹氏に、沖縄県における外患罪・共謀罪での逮捕・告発・(反日外国人の)強制送還などでの作戦指揮や相談役を要請されたし。
日本国民は自衛隊による「軍警察出動」を含め、沖縄県民の生存と安全確保のための強硬な措置を支持します。

(以下、個人意見やメッセージ↓)

-----------------------------------------------------------


[公安メール2017夏臨時] 反日工作政党や市民団体への対抗措置
-----------------------------------------------------------
民進党・社会党・共産党などは明らかに、侵略的・敵対的な外国人勢力と結託した反日工作政党である。
公安監視対象とするのみならず、破防法や共謀罪などの適用によって、死刑・懲役・強制送還などを遅滞なく行わねばならない。
また「市民団体」として政治活動している外国人活動家は「外国人が日本で政治活動をしている」時点で既に違法なのである。

(以下、個人意見やメッセージ↓)

-----------------------------------------------------------


[公安メール2017夏臨時] 共用パスポートや入管通報妨害などの問題での共謀罪適用
-----------------------------------------------------------
韓国民団や朝鮮総連などは、明らかに入国管理法に抵触する活動をしている。また、それと関連して、外務省が不法に発行・供給した「共用パスポート」の悪用問題や、入国管理局による通報妨害なども捜査すべきであって、入管通報の妨害ではソフトバンクの技術者などによる通報システムへの工作も取りざたされている。
これらの日本の入国管理への侵害や不法入国者の幇助などは共謀罪にも規定がある重大な犯罪行為である。韓国民団・朝鮮総連・ソフトバンクに共謀罪を適用されたし。

(以下、個人意見やメッセージ↓)

-----------------------------------------------------------


[公安メール2017夏臨時] 日教組や教育・学問方面での汚染への対抗措置
-----------------------------------------------------------
日教組や日本学術会議などによる、日本の国防を妨害し、日本国内で扇動・洗脳や反日プロパガンダを行う振る舞いは常習化している。
通名や偽装帰化などによって、反日外国人が学校に素性を偽って公然と出入り、識者として世論を撹乱していることは由々しき事態である。
教育や学問の方面で、反日外国人や帰化人、または悪質な日本人反日シンパを取り締まられたし。

(以下、個人意見やメッセージ↓)

-----------------------------------------------------------


[公安メール2017夏臨時] マスコミへの強硬措置と日中記者交換協定など
-----------------------------------------------------------
日本のマスコミの多く、テレビや新聞、ラジオや週刊誌などは悪質な捏造や偏向報道・隠蔽などによって外国や外国人勢力による日本侵略を幇助してきました。
その職員や関係者などには反日外国人(帰化人含む)やシンパが大量に潜伏しており、国営放送のNHKですら報道の公正さの点で全く信頼性がありません。
日本国民は汚染されたマスコミへの、死刑・懲役・強制送還などによる対応を望みます。

特に慰安婦などの反日的な捏造や常習的な偏向報道・隠蔽で知られる朝日新聞・毎日新聞・共同通信・東京新聞・信濃毎日新聞・沖縄タイムス・琉球新報・テレビ朝日・TBSなどの悪質マスコミの代表格に対しては、日本人職員を含む全社員に対する外患罪適用を支持します(たとえ反日扇動と関係のない業務に携わっていただけでも、社会に告発もせず黙々と協力していた時点で既に同罪だからです)。
また「日中記者交換協定」などは明らかに、シナ共産党による情報操作への加担でありますし、北朝鮮への違法な資金援助などにも大きな問題があります。共謀罪などを積極的に活用して、積極的に断罪と掣肘を加えるべきです。

(以下、個人意見やメッセージ↓)

-----------------------------------------------------------


[公安メール2017夏臨時] ローマ教皇庁とアメリカ政府への通報・告発
-----------------------------------------------------------
シナ共産党・韓国・北朝鮮は捏造や誇張宣伝による反日プロパガンダを国際的に繰り広げている。
さらには素性を偽るなどした韓国・朝鮮人が反日プロパガンダ活動のためにキリスト教の教会すら道具にしており、韓国系プロテスタントどころか日本基督教団などまでも汚染が看過しがたい。
(日本の法華経信仰や仏教を悪用した創価学会やオウム真理教など、韓国・朝鮮人による宗教の悪用事例は枚挙にいとまがない)
日本政府や公安などは、ローマの教皇庁やアメリカ政府や警察機関・宗教界・学問や教育関係者などにも積極的に通報や告発をしていくべきである。

(以下、個人意見やメッセージ↓)

-----------------------------------------------------------


-------------------------------------------------------------------------------
☆(要請メールの送り先・指定の受付窓口)☆
   公安調査庁HP(ご意見・ご感想など)psia@i.moj.go.jp
-------------------------------------------------------------------------------
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [公安メール(コピペ用テンプ... | トップ | [公安メール2017夏臨時] 小... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。