宇宙(そら)は家

宇宙(そら)へ還ろう! 
五井先生は、両手を
広げて待って
いらっしゃいます。
(リンクフリー)

生命(いのち)の流れ

2016-11-12 08:31:22 | 祈り
 生命の流れというのは、この世のながれ
もあれば、霊界、神界の流れもあるわけです。
 霊界神界の流れは、微風水動(みふうすいどう)
という言葉があるように、流れるという意識も
なにもないところで悠々と流れているわけです。
 つまり、生命の本体というのは、極めて
さりげなく、悠々としたもので、こういう悠々
とした生命を、肉にまとっている人間は、本来は、
感謝感激の筈なんだけれど、肉の波動は荒いから、
中々、微風水動というわけにはいかないわけです。

 夫婦げんかも兄弟げんかもあるわけ。
 全く人の想いというのはやっかいなもので、
中々、微風水動─つまり、風は動くともなく動き、
水はそれに従って流れるというような神界天界の
流れにはなってゆきにくいわけ。ここに、
すこうしずつでも近付いてゆくには、肉の身を
まとってあらわれてくるさまざまな怒りや、
ねたみや、腹立ちといったものを、セミがカラを
脱ぐように一つずつ脱いでゆくということが必要
なんですね。
 日本に四季があって、衣がえというものを
やりましょう、夏に、冬の重い服を着ている人は
いないですね、夏は軽やかな服装になって、
重たいものは脱いでしまう。というのは、重たい
ものが必要じゃない、これだけの軽さのもので
いいということを体がしっているわけよ、だから、
余分なものを着ない。

 人間の、我々のおもいもね。こう動いたら
あの人がこう想うんじゃないかとか、出しゃばり
だとおもわれるんじゃないかとか、余計な心配が
入ると、決して、素直に動けない。心配に
しばられてしまってね。本来、生命というものは、
明るい、のびのびとした、太陽のような、宇宙
のような拡がりをもったものなんです。

 ところが、人間関係、社会という中で生きて
いますと、中々、そこまではゆけない。たまに
そこまで行けたと思う瞬間があっても、又、
逆もどりしてしまう。それはそういう風に生きて
きたから、クセづけられているんです。
 このクセが曲者なんですよ。いいですか、
我々が少しでも神様に近づこうと思ったら、
たとえ、一生の中で、何億回、何兆回、その
クセが出てもね、出てもいいから、ああ又神様、
クセが出ました習慣がでました、といって、
そのまま神様に預けちゃうんです。
 神様は、想いの銀行なんだから、神様に
どんどん余分なものは預けて、本来の自分に
帰れるように、世界平和の祈りのなかに、私の
名前をよぶ中に、毎日を生活してください。
 いいですか、はい、それでは今日の話は
これでおわります。
 どうもありがとうございました。
        五井 昌久
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無 題(9) | トップ |  »
最近の画像もっと見る

祈り」カテゴリの最新記事