THE WAY

生命の声を聞く者からのヒーリング日記

風に吹かれて

2017-08-10 10:35:18 | セッション記録
2018年から新しいサイクルが実際に始動するにあたり

様々なことがとてつもない勢いで動いている


やり残したカルマは一斉に解放されたがっているため

不思議な出会いが次々と訪れる



私のカルマの中にはもう一つのやり残しがある



幼い時から将軍になることが運命づけられ

そのことで早くから引き離された息子の一生を

遠くから見るしかなかった物語だ


彼が傷つき、戦い、葛藤して死んでいく姿を

見るしかなかった



こういう出来事の一つ一つには

もっと深い意味が秘められていて

魂に刻み込まれる


これは私の姿でもある



この世の中に、どうしてこんなことが許されるのかという出来事も沢山ある

そして私の元を訪れる人たちの中には

過去世の懺悔を私を通してすることで

解放するということを決めている人たちがいる



その中には本当にどうしてそんなことをしたの?と

驚くような事象がある



家族に内緒で6000万もの大金を投資し

回収できないことを分かっていて

詐欺事件にしないとか

本当によく分からないが

実際これでカルマの帳消しをしているケースがあったりする




人との出会いの意味は、過去で終了できなかった思いがあると

まずその思いを達成しようととりかかる


それがドラマを生んでいく


宇宙はいい悪いという概念がなく

ただ現れる


それを裁き、正しくあらねばとジャッジを下すのは

神などではなく自分自身だ



この命をどこに向かわせるのか?

何を放射するのか?

あなたは何者なのか?

自分が納得するまで終わらない



この時期とても多いのが、ソウルメイトに出会うというケース



今まで時空間移動をして、それぞれの場所にたどり着き

縁の濃い人たちと出会って自分のいるべき場所に行き着く



今後2018年からのサイクルは、そういう新しい場所での

ドラマが展開していくことになる



私の次のステージの出会いは

不思議なところからもたらされた



16歳の頃、声優のプロダクションに合格した時に

オーディションで私が言った言葉がある



それは「ずっと風になりたいと思っていた」だった



それから私と風は常に一緒だった



H20の「想い出がいっぱい」を聞くたびに

風が私を通り抜け・・・私の青春時代は風の中で通りすぎていった


それからあの頃に吹いていた風を思い出すことはなかった

大人になるということは風を忘れることなのだと思っていた


今年に入り、仕事でボロボロになった私を助けてくれた方を通じ

とあるライブハウスにいくことになった



風に吹かれていたあの頃の自分が今ここを引き寄せた


いや、もう生まれる前からこういうセッティングだったのだ


そんな風に感じないではいられなかった



彼自身が10年もの間プロのドラマーでミュージシャンだったため

私はその縁で音楽を再び自分の人生に戻すことをし始めた



歌を歌っているうちに

私の中の何かが再び目を覚まし始めていくのを感じていた


あの風が吹いてきた



私は今・・・

風に吹かれている・・・


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フォースと共に・・・暗黒面... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL