THE WAY

生命の声を聞く者からのヒーリング日記

多次元へと繋がる

2017-03-20 21:47:07 | セッション記録
2月から3月にかけては、とてつもなくしんどい時期だ

自分として認識していた自分が分からなくなる

多次元に自分が移行し、定着しない

この次元にいる自分が本当の自分でないことが分かる


もしかしたら、私という肉体は幻想で

大きな夢を見ているのかもしれない


そんな風に感じていた


神との繋がりは深く、はっきりとその意思が分かる

そして集合意識の沢山のサポーターが動いているのも分かる


不思議な現象が次々に起こる

まるで全部が繋がっているように・・・


時々訪れる死のフィーリングは常に私の左手にあり

一歩そちらへ踏み入れれば

大きな宇宙と一体になってしまう


それは肉体意識にとっては死を意味するものであり

孤独を感じるものだった


私は隣合せの宇宙(死)としばらく一緒にいて

いつでもそちらに出発できる準備をしているように思えた


唯一人間体験を感じることができるのは

孫といる時だ

この時は何もかも忘れて、どっぷりと彼女と遊ぶ






大きくなった


まだ2歳5ヶ月なのだが・・・



それともう一つ、私が癒されたことがある



彼女は畝村裕子さん

持っているのはタオライヤーというもの

ドイツのシュタイナー教育において心と身体と魂を癒す「治療」を目的として考案された楽器だそうだ


宇宙のパターンと一致している調律に合わさっている


彼女の元にタオライヤーがあるのは今月27日までだそうで


ちょうどいいタイミングで、とある件で訪れた際に彼女がヒーリングをしてくれた


私は、新しい仕事に挑戦中ですべてが疲れきっていてボロボロだった

彼女は次々と私の状態を言い当てていき、タイライヤーをお腹と背中に置いて

弾いてくれた


それはとても不思議だったのだが

まず骨に振動し、内臓・・・そして細胞の一つ一つが

音に合わさっていき、終わった頃には


まるで温泉につかった後の心地いい疲れの感じと

呼吸が本当に変わっていた


心も身体も癒された

彼女のような人をヒーラーというのだと思った

タオライヤーは27日まで彼女の元にある

彼女の連絡先は080-3045-5138



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルルド巡礼ミサ | トップ | 肉体への異常 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。