ぷ~さんのブログ

観劇、読書、趣味の手作りなど、日常で感じたことを書き込んでいきます。

読書25(夜中の電話)

2016-10-12 21:30:42 | 読書
井上麻矢さんの『夜中の電話(父・井上ひさし最後の言葉)』です。

井上ひさしさんが残した77の言葉が、その時の背景、どんな場面で娘に話されていたかが書かれています。

最初は気楽に読んでいたのですが、読み進めるうちに覚えておきたいと思う言葉がたくさん出てきました。

多分、その時の気持ちで心に残る言葉が変わると思う。この本は保存版だな。へこんだとき、壁にぶつかった時など開くと次へ進めるきっかけをもらえそうな気がします。

ある舞台を観に行ったときに、偶然井上ひさしさんにお会いしたことがあります。
その時に「あなた達のように、芝居が好きな人達がいるから僕達はやっていけるのです」みたいな事を言われました。
この本を読み終わった時に、その意味がよりわかった気がします。

井上さんのこまつ座を通しての演劇の考え方がよくわかる1冊です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読書24(君の名は。) | トップ | 観劇13(談春 独演会) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。