息子と天使ママ〜Bangkokで子育て〜

夫と息子の3人でバンコクに在住。そして娘の天使ママになりました。死産後の私の気持ちをブログに書いています。

死産後の検診

2017-07-13 11:47:24 | 日記
死産から10日経った頃
産婦人科の検診があった為病院に向かう。




すでに出血は止まっており
茶オリ程度だった



もう妊婦さんではない私。




産婦人科にはやはりたくさんの妊婦さんがいた



悲しくて辛い気持ちを押し殺して向かった。




名前を呼ばれ内診をしてもらう



先生は
「子宮の中に少しだけ出血が残っていますが、キレイなので大丈夫でしょう」



と言った。

内診は終わり
私の染色体の検査結果を見せてもらった。





死産前に先生にすすめられて行ったものだった。


46XX Normal female karyotype.


と書かれていた。
染色体に異常はなく
娘のターナー症は遺伝ではない事を意味していた。





ホッと一安心したのを覚えている



私からの遺伝だったとしたら
次の妊娠を考えなければいけないと
前に言われていた為だった。


先生は「次の妊娠は早くに希望していますか?」

と言った。


私は頷いてしまった



でも本当の事だ。
実際本当にそう思っていた



死産からまだ10日しか経っていないのに‥
と思ったが
私はまた娘に会いたい


お空にいってしまった娘を
息子に会わせたいと思ってしまった。




「死産から2ヶ月経ったら大丈夫です。でも葉酸のサプリメントは常に飲んでいて下さい」


と言っていた。



他に質問はあるかといわれ
次の生理はいつ頃くるか尋ねた。


「人によるけどね3週間後くらいかな?」

という事だった。



他に聞きたい事はなかった。
早くここから出たくて仕方ない気持ちでいっぱいだったから‥


そして娘の染色体検査の結果はまだ出ていないようだった。



急ぎ足で病院を後にした









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 娘の遺骨 | トップ | 納得いかないこと »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。