風の形が見える

専業主婦の感傷日記

カゼをひいている夜に思い出すこと。

2017-03-15 19:52:01 | 結婚してから


のどが痛い。せきも出る。かぜだ。
ここからすぐに回復に向かえるかどうか。

身体がつらいと、思考もつらくなる。
元気を出そうと、甘い物を食べる。
食べる。
食べる。
いくら私でも嫌になる。
しばらく甘い物は欲しくないと思う。
明日には忘れて、甘い物を食べていることだろう。

病気といえば、私が子供の頃から、
父親が時々病気をしては入院していた。
民間の医療保険には入っていないので、
苦しい家計が更に苦しくなる。
入院をするような者は、家族の中で父親だけだった。
でも、医療保険には常に入ってなかったと思う。
掛け金を惜しんだのだろう。
くだらないことには金を使うくせに、
大事なことには惜しむ人だった。

反対に、私は保険が大好きになった。
働いて、自分で民間の保険に入るようになると、
いろいろ入った。
病気やケガや死亡時の保険。
個人年金なんかも。
ただ、私は、病気もケガもしないので、
もらうことはない。
そのうち、いくつも入っていた保険も、
実家のために解約してお金にかえた。
解約しないものは、
保険に入っている人に対して借りられるお金を利用したり。
その確認の電話が嫁ぎ先にかかってきて、
姑が出て、ばれそうになったり。
別件で、会社に確認の電話がかかってきて、
忙しい中、私がその電話に出られるかどうか、ドキドキしたり。
どれも携帯じゃあダメだったから。


私が転職等して、無収入になった時に、お金にかえた保険もある。
主人の給料は姑が管理していたので、私の収入がなくなると、
夫婦でスーパーに行っても、お金が払えない。
自分の身の回りのことはもちろん、主人のおこづかいも私が出していたし。
姑は私がお金を持っていると思っていたろう。
だって、正社員で残業までして働いていたから。
でも、私には貯金なんてないのだ。
嫁ぎ先で使うか、実家で使うかの違いだった。

今は、父親も亡くなって、実家にお金を入れることもないし、
姑も亡くなって、主人のお給料も私が管理してる。
そして、私が、ずっと働いて得てきたお金は残ってない。
保険も今は一つと、あと少額のものが一つだけ。
主人のお給料を少しでも残して、貯金を増やしたい、
と思えば、余分なものなんて買えない。
私が、もう一度、パートでいいから働けたらな。
働けないんだ。
働けなくなってしまった。

今日は、このへんで。









ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 三月の体調 | トップ | 働けない理由。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。