風の形が見える

専業主婦の感傷日記

二つの仕事

2017-04-04 18:37:58 | 結婚してから


今日は早い時間の更新だー!

ああ、とにかく、嫁ぎ先には居づらいし(姑がいるもので)、
お金はないし(しかも、それを姑や主人に言えないし)、
就職先を探すのに焦ってた。
で、店番しながら事務を執るというパートに平日就き、
土日祝は、パン屋さんでバイトとして五時間働くということにした。

あれ?休みがない。
でも、しょうがないんだ、どこも時給が安くて。
退職金はなくなってたし、
正社員で働いてた時と同じ様に、
自分の医療保険や、主人のおこづかいや、
スーパーでの買い物なんかのお金が要るし。
(姑が、夕ご飯の買い物なんかは、主人のお給料でしてくれるんだが、
それだけじゃあね)
姑や主人は、私がある程度の貯金を持ってると思ってるから、
お金をくださいと言えないし。
ああ、父親のいう通り、お金なんか渡してくるんじゃなかった、と、
後悔しても遅い。
相手はもう死んでるよ!

私は、飲食業で働いたことがなくて、
平日のパートより、パン屋のバイトの方がつらかった。
というか、商品を並べたり、レジを打ったりはすぐ慣れたんだけど、
連絡事項がね。
店頭に出てるのは基本一人だけ。
私は土日祝の早番で、つまり、私の後に入る人ぐらいしか、
店頭の他のバイトと顔を合わさない。
いや、合わさないのは別にいいんだけど、
連絡ノートで伝わらないことがいろいろあって。
私は、いろんなことがちゃんとわかってないと、
すごく不安になるので、それがつらかった。
こういう、時間で入る、という働き方をしたことがなかったし。
それにやっぱり、強迫性障害が悪化してきてて、
あやふやなことが一つでもあると、もう落ち着かなくて。

仕事を二つ持ってる状態は半年ほど続き、
私は、何とか一つの事務仕事で必要なお金を稼げる職場に、
派遣で入れた。
ホッ。
二つ仕事をしてた時は必死だったからか、
特に疲れは感じなかった。
でも、ダイエットしてもなかなかやせない私が、
その半年でみるみるやせた。
やっぱりこたえてたのかな。

では、また明日。




ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 職を探して。 | トップ | 姑のこと »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

結婚してから」カテゴリの最新記事