風の形が見える

専業主婦の感傷日記

子どもが欲しくない理由、その③

2017-04-19 19:18:13 | 子どもの頃


自分のことが嫌いだから、自分に似た人間を見たくない。
自分の中の何かを受け継いだ、自分じゃない者の存在が怖いから。
この二つを、自分の子供が欲しくない理由として書いてきたんだけど。

今日は三つめ。
自分がつらい時に、子どものせいにしてしまいそうだから。
ううん、する。
子どもを育てている途中の、いろんなこと。
子供に関係のない事、関係のある事。
幸せな時はいいよ。
つらくて大変な時。
私は絶対言うんだ。
「私が今不幸なのは、一から十まで全部お前のせいだ!」って。
「お前なんか産まなきゃよかった!」って。
これは、この子のせいじゃない。
こっちは、この子のせいであったとして。
どちらにしても、言ってはだめだ、
後で後悔すると、頭ではわかっていても、
言わずにはおれない。
かつて母が、私に言ったように。
「子どもなんて、産まなきゃよかった。」
そう言ったように。

昔、母がそう言った、言わずにおれなかったつらさもわかる。
だからこそ、子どもだった私も、納得して聞いてたんだし。
最近になって、母が、
「子どもがいてくれて良かった。」と言った時に、
「でも、昔、子どもなんて産まなきゃよかったって言ってたよ。」
とかえした私。覚えてないって言うだろうか。
だけど母は明るく、
「うん、でも、今は産んでよかったって思ってるから。」
と答えた。
覚えてたんだ、というか、別に、ごまかしもしないんだ。
明るく軽く。
まあ、こうでなきゃ、あんな父親とはいられなかったろうねえ。
なんだか感心してしまった。

今は、私も弟も、母のそばに住んでて。
弟なんて、父には冷たかったが(あたりまえ?)、
母親にはすごく孝行してる。
これには、私も母もびっくり?
弟には、こういう部分があったんだね。
私とは気が合わないが。
母も、今なら、子どもがいてよかったと思うだろう。

あんまりこの理由シリーズばかりもつまらないだろうから、
理由④は、またいつか。

では、明日は別の暗い話題で、お会いしましょう。





ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 子どもが欲しくない理由、その② | トップ | 寝返りもうたない »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。