goo

昼間の散歩道

昼間の散歩道の
あんていがあった
キットきみは ナニモ知ラナイノダ
雀と鳩たちは知っていた
野良猫たちは道をあけてくれた
カモメたちは季節をめぐらせ
花々たちは視野をかえた
昔の水の道をすすんで
束の間の仲間たちと挨拶をする
雨も曇りも晴れも
さらにすすんで歩いていく
昼間の導きがあった
あやしい低い石像をみつけたころ
別れの太古の道が視えたのかもしれない 
きっと視えなかった見知らぬ誰かが
ふり向いたのかもしれない
ヤッパリきみは フリ向イテハクレナカッタ
もう風はとっくに吹きぬけていた
濃緑と茜色のベンチに座って
四季の影はしずまる
ちょこんと やすらふ
45分の犬がいた

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« time time time ものを思え »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。