goo

夜のバスの町 夜の電車の町
記憶の中には帰る場所がいくつかある
疲労で全身が渇いている帰り路に
涙のある処を探してみた
濡らしたい心のある処を探してみた
関係のないひととすれ違うさみしさがあった
きみに出会う前のさみしさがあった
きみが失われた後のさみしさがあった
夜の地下街をうごめく体たちは
それぞれがカタチとして(独りとして)
自立していた(実在として)
確かに動いている(生きている)
そっと 涙を探してみた
なにも話してはいけない(涙のある処で)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« いない 思いの旅 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。