1年で某国立大首席を目指すブログ

5年生になりました!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

首席の内定

2199-05-19 01:54:13 | 日記的なやつ
内定しました。

首席ですから(キリッ


 最新記事は↓した。

 あと広告(すぽんさーりんく)をクリックしていただけると1クリック2〜8円ユニセフに寄付します。そちらもお願いします。

 ただいまの寄付金額は902円、214クリック。ありがとうございます。 


検索エンジン対策
    

ありがとう まじでありがとう 

<script type="text/javascript" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script>
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

週報1

2012-04-07 08:18:05 | 日記的なやつ
入社して一週間経ったので振り返りを


人間関係について

今回高校や大学では出来ていなかった、意識的に新入社員の人間関係を眺めることをした。大体3日目くらいからグループができはじめた。
現在5日目が終わってまだはっきりとは分かれていない。
もう少し声のかけたい人がいる。

勉強について

周りもかなり勉強してきているようだ。大学でやってきたことと同じような会社に入ったというアドバンテージはあるが、油断せずしっかり研修を受けていきたい。
今のところ分からなかったところは復習をしっかりしているので、この意識を保ちたい。

時間について

通勤時間が約2時間と非常に長い。また半分以上の区間は座れない。この状況でできるだけ何か有意義なことをしたい。
今はケータイで青空文庫、Twitter(完全に趣味として)、はてぶ(ニュースチェック)、フェイスブック(あんましない)、研修の資料読み(もちろん社外秘のもの以外)をしている。
ちょっと教養、ニュースなどを読んでいる時間が多いので仕事に直結するものを増やしたいが、そのへんの割合が分からない。新人だし、とりあえず仕事が出来るようになるように仕事の方でいいのかな?


総括

学生から社会人に、といってもまだ座学で資格の勉強をしていて学生みたいだ。ただ、単位を取るためではなく自分のスキルアップを意識し自主的に復習ができている。今後確認のテストがあるが、テストのためではなく、自分のための勉強を続けていきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

就活終了〜!!

2011-11-17 00:54:20 | 日記的なやつ
お久しぶりです。首席です。

長かった 長かった就活が終了しました!

2010年2月からやってたから(中断したけど)ほんと長かった!



えーっとIT系の会社です。


頑張って行きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

取れる気がしねぇ

2011-09-27 01:29:38 | 日記的なやつ
2次面接にちらほらいけるようになったけどがっつり落とされて、なんかもう内定取れる気がしない

あと花粉で頭がふらふらする

ツイッターはじめてブログ書いてないけど、今までの貯蓄もあるのでたまーにかいて続ける予定です。

内定とったら海外旅行と国内旅行と、あといろいろ買い物したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

企業選び

2011-07-02 03:12:30 | 進路(就職活動など)
メモ

やすさで勝負するところは将来性を感じない。(牛丼、ハンバーガーなど)
理由
消耗戦、代わりの企業がある

IT系
優れた独自サービス、ソフトをもつところが魅力(SIerだと独自のソフト開発してないと差が分かりずらいから?)
オリジナルの技術がありそれが社員の優秀さ?特にクラウドなど。

ソフト、web,ハード、通信などなどどういった系統の企業にするか
 ハードは専門外だからなし?
ではソフト、WEB、通信では?その3つの決定的な差は?

通信は安定収益か?
WEBは単価が安そう(400円コーディングなど)
ソフトは競争激しい?(リクナビとかSIerめちゃくちゃ多い)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雇用条件、勤務地もろもろ

2011-07-01 11:12:05 | 進路(就職活動など)

・転職とかするとき転職活動の選択肢が広い

・イベントなどがほとんど行ける

・いろいろな特徴を持った地域がある。神田、渋谷、秋葉原などなど


普段の生活をしてる上ではあまり東京に拘る必要はないんだよなー

社会人になったら考えられる東京の利点

・マニアックな資格試験の会場がある

・勉強会とか多い

・ネット友達が多い

東京以外の利点

・親から離れ自由な生活

・新しい土地で新しい価値観に触れる



じゃあ次に賃金

 初任給は20万〜22万が多く大差がない。5年後10年後はどうなってたいか。

 震災で家がパーになったりするリスクを考えると家は賃貸がいい(少なくとも若い間は)と思えるからとりあえず貯金はそれほどしなくていい。

30代ぐらい

家賃6万
光熱費・ケータイ代2万
食費3万
交遊費4万
趣味2万
書籍1万
保険・車のローンなど3万
その他雑費2万

手取り23万円?

うーんってことは月収30万くらい?

30万×15月(ボーナス三ヶ月分含む)で年収450万。330万から695万までは所得税20%(2007年改正)だから450万×0.8で手取り360万=月平均30万。

月収30万だと所得税引いて24万、うんだいたいあってる。

独身だとこんな感じか。結婚しない気がするし、それなりに豪華な生活が年収450万という目指せるレベルで実現できるわけか。まぁ余分な分が2万しかないからPCのとか家電とか高いもの買うときは前もってためなきゃいけないし、貯金ができてないなこれw


勤務時間

フレックスがあるとラッシュ避けられそうでいいですね。まぁそれ以外大差ないのでいいや。

休日

ある程度の日数とあとなんかイベントあるときとか休めるような環境は欲しいが、自分が仕事にめど付けて休めるかってはなしも
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親。

2011-07-01 03:03:51 | 日記的なやつ
最近、説明会や面接に行く日も少なくなり、母親といえで二人、ということが増えた。

で、6月にごっそり地方公務員の採用試験エントリーを逃したので大目玉を食らった。
こんな半ニート(ほぼ9割ニート)が家にいるもんだからすこぶる機嫌が悪い。そんな親について思ったこと。


去年、法事で叔母に『お母さん(叔母の妹)キツイね』と言われた。

そんな意識はなかったので驚いた。その時も進路のことで私がグダグダしてたからそれにきつく当たった母を見てそう思ったのかもしれない。



それから考えたが母のキツさは細かな性格と頭の硬さと私の態度だ。

母は細かいことでもしっかりしなければ済まない性格で、小学生の頃私が友達に数十円奢ってもらったら、ちゃんと返しなさいと翌日お金を返させたり、(関西出身だからか)ちょっと買い物で負けてもらったりすると大喜びで、逆に損をするとああしておけばよかったなどとけっこう根に持つ。

おかげか私も細かいことを気にするようになってしまった。




またその世代には珍しくないかもしれないが頭が硬い。特に就職活動をしていて顕著である。内定が出ればどこでもいい、と言いながらすぐ潰れそうなところはやめろという。つまり大手に行けということでそれはどこでもいい、とかけ離れた要求だ。

公務員も親がうけろうけろと言ってくる。これは大学受験に全て受験校を俺に任せてたのと対照的ではある。

これが三つ目の俺の態度と関係あるのだろう。(たぶん)

まず一週間に2度ほどしかスーツで外出しない。そして家ではときどきマンガを読んでたり昼寝もしている。なにより無気力に見える。そんな就活生をみてるから怒って尻をたたきたくもなるし、あれこれ就職先を指図したくなる。

ただ無気力っぽく見えるのはほぼ性格である。少なくともここ3年ほどは無気力だった。

そしてエントリーが少ないのはやる気が出ないからで、3月からやる気などなかったが3ヶ月待って全く溢れてこないのでコレは最近一つ結論が出た。やる気がなくても行動に移せるようになろうということだ。
で、エントリーするところを選んでいるところだ。実際今日も企業に電話かけたし、HP覗いたりしてる。

そしてヤル気でない原因のひとつは親が公務員ゴリ押ししてくるからってのもある。個人的に仕事内容に魅力を感じない、そんなところをうけろうけろ、HPはみたかみたか、うけろうけろとうるさい。ほんとにうるさい。だまれ。

エントリー少ない→親が指図→ヤル気でない→最初へ戻るの悪いスパイラルだ。

あーあとフリータは絶対駄目!というのも頭の硬さだ。なぜだめなのか考える隙を与えない。だめったらだめ!とにかくだめ!ダメに決まってる!こんな感じだ。小学生ならいいがこっちは昨年卒業研究でさんざん論理を構築する方法を学んできたのだ。しっかりしたソースの理由を述べて初めて議論ができる。議論せずに出た結論など個人的な願望である。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

志望動機

2011-06-12 10:18:20 | 進路(就職活動など)
志望動機は御社じゃなきゃだめなんです!をアピールしなければならないらしいが、なぜか考えてみる。

まず自分(就職希望者)の立場

別にある一社じゃなければ就職後やっていけないわけじゃない。

今日の朝日新聞 仕事力 「玄侑宗久が語る仕事-2」では以下のように語られている。

 世の中のいろいろな職業を体験してみると、どんな仕事を目指すにしても、最初から「私」に合った仕事だけを自分で決めて探すというのはもったいない。もともと「本来の自分」などはなく、「私」が放り込まれた現場の中で、そこに対応する自分が顔を出してくるわけです。どんな可能性があるか自分でも分かりませんから、現在たまたま見えている「私」を守ろうとするあまり、仕事との縁を切らないでほしいと思います。 (朝日新聞 2011/6/12 http://www.asakyu.com/column/?id=1007)

 就活の逃げのためにこの言葉を引用するのではない。以前からバイトを少しやったことがある程度の大学生が自分の向いている仕事ややりたい仕事を明確に出来るというのにぎもんだった。それを前向きに捉えているのがこの文だった。

 ただそうは言っても企業は志望動機を求めるし、なぜそれがうちの会社じゃなきゃいけないのか?と聞いてくる。次に企業側の視点になりきって考えてみる。

企業側の立場

 最近の若者は3年で2割も会社を辞めてしまう。また辞めない若手も目的意識がない人が多く使えない人材がけっこういる。ただ昨年入社した◯◯君はこの仕事にやりがいを持っていて人の2倍働いている。彼のような目的意識や将来のビジョンを持った若者に入社して欲しい。

とか

 ソフトウェア業界は競争が激しく、徹夜も珍しくない忙しい職場である。だから目的や将来のビジョンを持ったやる気のある人でないと続かないし、続けてくれないと技術力が他社に劣り競争に負けてしまう。

まとめると
目的意識があると会社を辞めない、またそうでない人に比べよく働くだろうということだ。

コレに対する考察

現段階でしっかりとした目的意識がある人は頑張って働くだろう。では、目的意識のない人はどうか。

うまく行けば職場で目標を見つけそれに向かって頑張れる。また自分にとっての目標がなくてもノルマを課せられればかなりの人がなんとか達成しようと働くだろう。ただノルマがキツイとすぐ辞めてしまったり、ノルマ以外の部分が疎かになる可能性が考えられる。また幾らかの人はこんなことはやりたくない、と投げ出す。自分で一応選んだ職場ではあるが仕事内容もよく知らず入り、やってみても楽しくない。

 このように目的意識のない人を採用するのは博打であり企業が避けるのだろう。ただ目的が明確になりすぎていても『俺がやりたいのはこんなことじゃない』などと言い出しかねない。ただ近年企業は主体性を学生に強く求めており、自分から提案する能力は歓迎される風潮がある。腐らずに案をあっためて提出出来ればそれは主体性であり個性だ。

 つまり目的を持っているかが問われているがそれを実行する能力が大事である。企業はそういった人を求めれば失敗が少ないので採用もそういった能力を求めている。


就活生としてするべきなのは何がやりたいかはっきりさせること、そしてそれを実行出来るということを今までの学生生活のエピソードからアピールすることだ。

すごい一般的な結論ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グループディスカッションのやり方

2011-06-10 19:39:25 | 進路(就職活動など)
グループディスカッションについて何度かやってみて自分なりのまとめ

役割
司会、発表者、タイムキーパーなどがあるが、花を持たせるという意味以外で発表者は司会が兼任したほうがスムーズ。タイムキーパーはほっといでもだれか手をあげるので、司会が出なかったら司会をやるとよさそう。

進め方
目的→方法→結論→考察
というのは論文の流れであるが、GD(グループディスカッション)では目的の明確化→課題の確認→課題の検討→結論という流れがよいだろう。

例 無人島に持っていくものを5つ選べ。

〔榲の明確化
 ・無人島で何をするのか。(長期に渡るサバイバル、日帰りのレジャー・・・)
 ※与えられるテーマは漠然としたものが多い。そのテーマを満たせばここでの目的の明確化に正解はないだろう。

課題の確認
 ,妊汽丱ぅ丱襪鯀んだ場合は、栄養摂取や寝床の確保など生きる上での懸念事項を列挙する。
 例 水、塩分の調達、安全な寝床、その他の栄養、発見してもらうための目印となるものを作るなど

2歛蠅慮‘
 △乃鵑欧寝歛蠅砲弔い堂魴菠法を検討する(この場合は持っていくもので△硫歛蠅魏魴茲靴討い)。また課題の優先順位を明確にしておくと説得力を持たせられる。


し誅
  銑より導かれた結論をまとめる。まず結論を述べその理由を補足していくのがスタンダードだが伝わりやすいだろう。

 例 私たちは無人島で一人でサバイバル生活をし、救助されるという想定で鍋とナイフと・・・を持っていくことにしました。
  理由は生き残るのに必要不可欠な水と食料を得るため鍋とナイフを選び、猛獣などがいた場合の撃退用にライターを選び・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

提起

2011-05-23 22:57:30 | 評論
まえおき

 面接について考えていたら、ふと聞かれることはすべて自分の価値観についてなんだと気づいた。

志望理由なんてまさにそうだし、趣味も自己PRもそれまで持っていた価値観でこういうことをしてきたという間接的ではあるが価値観と言える。

つまり自分の価値観が面接で問われているし、自分の価値観をしっかりと話せなくてはならない。


 
本題

 いま自分の就職活動を見直さなくてはならない。まずやる気が出ない、そして面接で他社をどんなところを受けているか、なぜか?といった質問にうまく答えられないといった理由からである。何かをするには当然目的があるべきである。というか目的があるから行動するはずだ。大学4年だから就職活動をしてるんじゃない。まず自分にとって就活の目的とはなんなのか。それを導くために人生における目的について再考したい。

 2週間ほど前受けた企業の論文では映画を撮りたいと書いた。だがそれはちょっと安易だったと思う。私はどんな人生を送りたいのか。なにをしたいのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加