ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


自閉症の作家・東田直樹さんのエッセイ【日本語】

2017-01-31 | 自閉症の作家・東田直樹さん

【日本語】

誰かと一緒に出かけて、

「またね」と言われ、何と答えればいいか

迷ったことはないでしょうか。

同じように「またね」と言える関係ならいいのですが、

もう会わないだろう相手や目上の人の場合は、

返事に困ります。

そういう日本語は、たくさんあります。

自分のための言葉と相手のための言葉と

場面に応じて使い分けるのは難しいです。

「またね」というのは、本当は、自分自身に向けて

言っている言葉なのかもしれません。

「またね」と言われれば嬉しいですが、

よくよく考えれば、おもしろい言葉です。


~~~~~

自閉症の作家、東田直樹さんが、1月28日のブログに発表されたエッセイです。

普段、何気なく使う「またね。」と云う言葉について、深く考えたことが無かったので、
東田さんの文章を読んで、改めて考えてみました。 

私が、もう多分会わないであろう人に「またね。」と言う時の気持ちを考えますと~ 

『またお会いしたいと思うくらい、あなたとお会いするのが嬉しいです。』 
と云う気持ちで言っているのかな~と思います。 

ですので、「またね。」と言われると、私と会って楽しかったのかな? 
と思って、嬉しくなります。
これって、己惚れかしら? (^^) 

まあ、大人の世界は社交辞令もありますから、そう単純には言えないのですが。 

それでも、日々の生活の中で出会う方々とのご縁を大切に、
心から「またね。」と言えるご縁を繋いでいきたいなぁ~

 

--------------------

2時間15分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大股で歩くと~美人になる?前向きになる?

2017-01-30 | 日記

毎朝、NHKの情報番組「あさイチ」を見ています。

今朝は、簡単に“ポジティブな気持ち”になる方法を紹介していました。

【幸福学】を研究していらっしゃる、慶應義塾大学の前野隆司先生によると、

①笑顔を作る
②上を向いて大股に歩く

以上のことを意識するだけで、明るく、ポジティブな気持ちになるのだそうです。 

 

大股で歩く~と云えば、高校の時に、現代国語のS先生が

「美人の条件は、胸を張って、大股で堂々と歩くことです。
下を向いて、足を引きずって歩くのは、1番かっこ悪いことです。」

と仰ったことを思い出しました。

S先生はパリに行った時、大股で、颯爽と歩く女性達の様子に驚き、
姿勢の良さは美人に通じる!と実感されたのだそうです。

S先生は正真正銘の美人さんでしたが、確かに姿勢も良く、私はずっと憧れていました。

単純な私は、その時から、歩くときは大股で、結構早足で歩くように心がけてきました。

そのお陰か、「ららみさんって、本当に歩くのが速いですね!」と、しょっちゅう言われるので、
同世代の、一般的な女性にと比べたら、結構速く歩いているのだと思います。

そして、「ららみさんって、明るいですね!」とも、よく言われます。
もしかしたらそれは、大股で歩いているから、自然と気持ちが前向きになっているのかしら?

でも、「ららみさんって、美人ですね!」とは言われないの 
何十年も、大股で堂々と歩いているんだけどなぁ~

今、書いた瞬間に、「鏡見ろよ」と聞こえたような気がしたのは~
陰の声?  それとも、息子の声??

 

--------------------

2時間

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自閉症児 M君の不思議・15 恥ずかしいお年頃?

2017-01-29 | 自閉症児 M君の不思議

昨日は、M君のレッスンでした。

発表会の曲も、随分と仕上がってきて、M君も楽しそうに弾いてくれます。

両手で、間違いなく弾けるようになったので、昨日は、本番のように、
舞台の袖から歩いて、礼をして、弾き始める~と云う練習をしました。

まず最初に私が、その一連の動きをやって見せました。

するとM君は、非常に照れたのか
「先生、お辞儀はしないでください。  止めてください。」と言うのです。

「え~っ?  お辞儀しないと、かっこよく弾けないよ~」と私が言うと、

「お辞儀はイヤです。」と言うのです。

「恥ずかしいの?」と聞くと

「恥ずかしいです。」と答えました。

ちょうどその時、お母さんが入って来られたので

「M君は、とても上手に弾けるようになってきたので、学校でも弾くチャンスがあるといいですね。
本番前の度胸が付くし、M君の自信にもなりますよ。」と私が言うと、

M君は必死に「学校では弾きません!」と言うのです。

「どうして?」と聞いてみますと、「恥ずかしいから。」と答えます。

 

M君は5年生。  色々なことが、ちょっと恥ずかしいお年頃になってきたのでしょうか。

M君の照れたお顔に、M君の成長を感じたのでした。

 

--------------------

1時間25分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

受験とクシャミと反抗期

2017-01-28 | 息子達

昨日の夜、5回連続で、大きなクシャミが出ました。

クシャミなんて珍しいな~風邪かな?と思って、風邪薬を飲んで寝ました。
そのお陰か、今朝はクシャミも出ずに、元気です。

 

そう言えば、去年の今頃、次男が立て続けにクシャミをしました。

大きなクシャミを2回したのですが、無闇に声をかけると機嫌が悪くなるので、
気が付かないふりをしていました。

すると、すぐに再びクシャミをしました。  今度は、3回続けて出ました。
私は再び、気が付かないふりをしていました。

次に、再びクシャミが出ました。   大きなクシャミが、今度は2回です。
さすがに心配になり、私は思わず「あれ?」と、言ってしまいました。

すると次男は「大袈裟なことを言うな」と、大声で怒鳴るのです。

『えっ??  「あれ?」と言うのが大袈裟なの?
そりゃあ、受験生が立て続けにクシャミをしたら、誰でも心配するでしょ?
クシャミが出たから救急車を呼ぼう!と言ったら、それは大袈裟だけど、
「あれ?」と言っただけじゃん?』

~と、心の中で思いましたが、私は心の中で呟くだけで、黙っていました。
反抗期の男子には、何を言っても通じないからです。

受験を前にして、イライラしていたのでしょうが、それにしても酷かったな~

 

その後、次男は大学生になり、徐々に穏やかになってきました。

反抗期も、受験も、永遠に続くわけではなく、振り返れば思い出になるんだな~
と思う、最近の私です。

 

--------------------

1時間35分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横綱 稀勢の里の奉納土俵入り

2017-01-27 | 日記

稀勢の里が横綱になり、19年振りに、日本人の横綱が誕生しました。

そして今日、稀勢の里は、明治神宮で、土俵入りを奉納されました。

奉納土俵入りの時間、私はテレビの前に正座して、真剣に拝見させて頂きました。

稀勢の里の力強い土俵入り、そして境内の人々の「よいしょ」の掛け声を聞いていましたら、
本当に感動して、あやうく涙が出そうでした。

相撲は、かつて神事だったと云う事ですが、稀勢の里の土俵入りを拝見していましたら、
まさにそんな感じがしました。

身体が大きい稀勢の里が、しっかりとした四股を踏んだ時には、
確かに、お祓いに通じる神聖なものを感じたのでした。

明治神宮にお祭りされている明治天皇のみならず、八百万の神様達も、
きっと喜ばれたことでしょう。

稀勢の里は、昨日の横綱昇進伝達式の口上で、
“横綱の名に恥じぬよう精進致します”と述べられました。

きっと稀勢の里は、これから益々精進され、歴史に残る横綱になることでしょう。

武者人形みたいな、凜々しく品格のあるお顔立ちの稀勢の里。
真面目で誠実な相撲を取る稀勢の里。

今回の土俵入りを拝見して、益々稀勢の里を応援していきたいと思いました。

 

--------------------

2時間30分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加