ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


ピアノがピアノの上達を助けるのかも

2017-07-15 | 音楽&ピアノ

私が独身だった頃、住んでいた街の音楽ホールが、
新しいグランドピアノを購入しました。

新しいピアノは、スタインウェイ社のフルコンサートピアノで、
音楽好きの間では、結構話題になりました。

そんなある日、ホールの方から

「ららみさん、今度入ったピアノなんだけど、新しくて音の伸びが悪いんですよ。
良かったら、ピアノ庫に置いてあるピアノを、時間のある時に弾いてくれませんか。
新しいピアノは、誰かが弾いた方が、状態がよくなるので。」

と言って頂きました。

私は、嬉しくて、「ありがとうございます。嬉しいです」と
即座に引き受けました。

最初にピアノ庫に入った時は、改めてフルコンサートピアノの大きさに
威圧感を受けました。

そして、ホールの方に言われた通り、端から端までの音階練習を何度もしました。

その後に、ショパンのエチュードを2曲、弾いてみました。

その時に、「あれっ?  私って、こんなに下手だったっけ?」と思いました。

音色がスカスカで、しかも、音が堅いのです。
まったくの初心者みたいな音色しか出せないことに、私はショックを受けました

最初は、ピアノが新しいから、だから音が堅いのかな?と思いました。

でも、何度か通ううちに、私はあることに気がついたのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自閉症の作家 東田直樹さんの... | トップ | ピアノがピアノの上達を助け... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。