ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


自閉症児 R君・正確なものが好き

2017-07-11 | 自閉症児 R君のこと

最近、私の教室に入門したR君は、4年生の可愛い男の子です。

検査の結果、知能的には3年程の遅れ、そして、
自閉傾向、ADHDとアスペルガーの要素も、少しづつあるのだそうです。

お喋りは普通に出来るので、一見したところ、発達障害児には
見えないと思います。

最初のレッスンの時、ピアノを使った遊びを少しした後、
お絵描きが好きなR君に、絵を描いてもらいました。

黙って見ていると、R君は、電車の絵を描き始めました。

そして、描きながら

「先生、銀色の色鉛筆は無いの?」と聞いてきます。

「ごめんね、無いの。」と答えると、残念そうなお顔をします。

しばらくすると、

「先生、金色の色鉛筆は無いの?」と言いました。

「ごめんね~  無いのよ~」と答えると、また残念そうなお顔をしました。

そして、R君が集中して描いた電車の絵は、細かいところまで丁寧に描いてありました。

 

R君は、きっと正確な描写が好きなのでしょう。
細かいところまできちんと描いてある電車の絵を見て、私はそう思いました。

だからこそ、色鉛筆の色に拘ったのだと思います。

そう言えば、先日のお母様との面談の時、お母様が

「Rは、音楽の授業の時、すぐにピアノの傍に行くそうです。
でも、音楽の授業は、あまり好きではないみたいです。」

と仰っていました。

正確なものが好きなR君は、みんなが一斉に、大きな声や音を出す音楽の授業は
辛いものなのでしょう。

でも、正確な音程の、ピアノの音は好きなのかな~と思ったのでした。
R君は、正確なものが好き~そんなことを踏まえながら、
これから、R君のレッスンをしていきたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノ上達への近道・その3 | トップ | 赤ちゃんパンダの名前は、ピ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。