ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


パラリンピック・車椅子テニス 上地結衣選手

2016-09-17 | オリンピック&パラリ...

車椅子テニスの、上地結衣選手にお会いしたことがあります。

3年位前に千葉市内で、知人のピアノのコンサートがあったのですが、そこの会場にいらしていました。

その時の印象は、はち切れるようなパワーを持った女の子だな~と思ったのを覚えています。

当時は、彼女のことをあまり知らなかったので、車椅子でテニス!!
と、ただ驚いただけでした。

しかし、最近の活躍で、テレビでよく見かけるようになり
「あっ!あの時の女の子だ!  凄い人だったんだな~」と、改めて思っています。

彼女の練習方法を、テレビで少しだけ見ましたが、テニスの練習の他に、
車椅子を、意のままに操作する訓練もしていました。

確かに、彼女にとっては、車椅子が自分の脚になるわけですから、
車椅子の操作加減によって、勝負が決まるのでしょう。

人の何倍も努力をしての、今回の銅メダルです。
本当に素晴らしい! のひと言に尽きると思います。

ところで、上地選手は、小学校の6年間、ピアノを習っていたそうです。

左利きを矯正させたい、と云うお母様の希望だったそうですが、その時のピアノの先生が
「左利きを、無理に直すことはないと思います。
でも、ピアノは、右手を使う練習になるから続けたら?」
と仰ってくださったのだそうです。

お習字の先生にも同様の事を言われ、結局左利きを矯正することなく今に至るとのことでした。

左手による力強いスマッシュが、上地選手の持ち味ですが、
この頃、無理に左利きを矯正していたら、今の上地選手は居なかったのかもしれません。

上地選手は、只今22歳。
東京パラリンピックでの活躍が、本当に楽しみです!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目玉先生3・機が熟すのを待つ | トップ | TBS報道特集 医療的ケア児の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。