ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


十三夜~お月様いろいろ

2016-10-13 | 日記

スーパーへお買い物に行きましたら
“今宵は十三夜”と書いてあり、側にお供えのお団子が売られていました。

いわゆる“十三夜”とは、中秋の名月(十五夜)の後に巡ってくる十三月夜のことで、
旧暦9月13日のお月見のことを言うのだそうです。

十五夜を愛でる習慣は、中国から伝わったものですが、十三夜は日本独自の風習で、
秋の収穫祭のひとつではないか、と考えられているそうです。

確かにこの季節は、稲刈りも終わり、栗や柿などの収穫もたけなわで、
心からの感謝を、お月様に捧げるのに相応しい、清々しい季節です。

ちなみに十三夜は、晴れる確率が高く、“十三夜に曇り無し”と云う言葉もあるそうです。

 

ところで先日、月の満ち欠けを調べていましたら、月の形による名称が沢山あって、ビックリしました。

普段使う名称だけでも、新月、三日月、満月~

もう少し詳しくなると、
新月、上弦の月(旧暦7日頃)、十三夜月、十六夜(いざよい)、立待月(旧暦17日頃)、下弦の月(旧暦23日頃)、有明月(旧暦26日頃)、三十日月(みそかづき)~等々
16種類以上の名称があるのだそうです。

このように、月の名称の多さを見做しましても、日本人の、月を慈しむ気持ちが表れているように思います。

自然を愛でる習慣のある我々日本人は、いにしえの昔から、月を仰ぎ見ながら生活していたのだな~と、改めて思うのです。

さて、毎年晴れる確率の高い十三夜だそうですが。。。
残念ながら、今年の十三夜は曇りかな~?  さて、どうなのでしょうね?
今夜は私も、ゆっくり空を眺めてみたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自閉症児M君の不思議⑬耳は傾... | トップ | 合唱祭のピアノ伴奏② 答えは... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。