ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


ピアノがピアノの上達を助けるのかも その2

2017-07-16 | 音楽&ピアノ

私は、ピアノでフォルテを弾く時に、色々な音色を考えます。

情熱的なフォルテ、ちょっと蔭ったフォルテ、鋭角なフォルテ、
そして、暖かい包みこむようなフォルテ。

その曲に合わせたフォルテを弾く為に、重心のかけ方や、腕や手首の微妙な角度で、
それを弾き分けてきたのです。

ところが、スタインウェイ社のフルコンサートピアノには、
そんな私の、ささやかなテクニックは通用しないのです。

まるで、横綱に試合を臨んでいる、小学生力士みたいな感じ~と表現したら
分かり易いかもしれません。

私の実力が、スタインウェイのフルコンサートピアノを弾きこなす程の実力に
達しっていなかったのだと思います。

それでも、音楽ホールに通い、フルコンサートピアノに慣れていくうちに、
なんとなく手応えを感じるようになりました。

それは、自己満足のレベルだったのかもしれませんが、
少しだけ、実力が付いたような気がしました。

 

ところで、昨日は、大人のレッスン生、Sさんのレッスンでした。

Sさんは、今月に入ってから、音色に変化が現れました。

「Sさん、音色が美しくなりましたね。 とても上達したと思います。」

「ありがとうございます。嬉しいです。
今までは、ピアノを弾く事が難しかったのですが、
最近、ちょっと弾きやすくなってきました。」

実は最近、Sさんは、ご自宅の電子ピアノを、アップライトピアノに
買い換えられたのです。

傍から聴いて、明らかに音色がグレードアップしたのですから、
やはり、練習するピアノによって、実力が上がったのだと思います。

ピアノが、ピアノの上達を助けるのだな~と、改めて思ったのでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノがピアノの上達を助け... | トップ | このジーンズ、誰の? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽&ピアノ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。