ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


合唱祭のピアノ伴奏② 答えは1つじゃない

2016-10-14 | ピアノ教室

10月7日の記事にも書きましたが、
中学1年生のMちゃんは、中学校の合唱祭の、ピアノ伴奏をすることになりました。

日にちが差し迫ってから伴奏する事が決まったので、
最近は“スペシャルレッスン”と称して、ほとんど毎日レッスンをしています。

お家でも沢山練習している様子で、最近は、かなり上手に弾けるようになってきました。

今は最後の仕上げですので、
強弱やフレーズの取り方、そしてペダルの踏み方などを中心に、レッスンをしています。

ただ、ここが難しいところなのですが、私があまり曲想を付けてしまうのも善し悪しなのです。

学校の先生の解釈と違った場合、混乱するのはMちゃんですから、
極く一般的なアドバイスに留めなければなりません。

「Mちゃん、ららみ先生は、ここの処は終わった感じ。
そして、ここは新しい気持ちで弾いたら素敵だな~と思うのだけど、
色々な解釈があると思うので、曲想は、すべて学校の先生に従ってね。」

「はい。」

「ねえMちゃん、音楽って、人によって、解釈が全然ちがうでしょ。
感じ方も人それぞれだし、数学と違って、答えがひとつじゃないよね。
そういうのって、どう思う?  やっかいだな~と思う?」

「私は、答えが色々あった方が、面白いと思う。
みんな同じ答えよりも、答えが違った方が楽しい。」

「ららみ先生も、そう思う!  だから音楽って楽しいんだよね~」

~等と、今日は、音楽の本質に迫るような会話も出来ました。

Mちゃん、すごいな~!  この数週間で、色々なことを学んだんだね!
あんなに引っ込み思案だったMちゃんの成長を感じた、今日のスペシャルレッスンでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十三夜~お月様いろいろ | トップ | 今朝見た夢 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。