ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


ベートーベン バイオリンソナタ第5番 【春】

2017-04-19 | 音楽&ピアノ

昨日は、ふと思い付いて、ベートーベンのバイオリンソナタ集を引っ張り出して
(ピアノのパートを)弾いてみました。

久しぶりに弾いてみたのですが、思いの他、指が覚えていてビックリしました。

この曲を初めて弾いたのは、今から10年程前だったと思います。

バイオリンの先生と合奏する為に、練習を始めたのですが、
その時に、私は改めて、ベートーベンの旋律の美しさに魅了されました。

昨日も久々に弾き、ベートーベンの素晴らしさにワクワクしました。

【春】と云う題名は、ベートーベンの死後に付けられたものらしいのですが、
弾いていると、本当に【春】を感じるのです。

新緑を渡る風、むせかえる様な草木の匂い、
そして、風に揺らぐ花々を彷彿とさせるメロディーが、
春の森を散歩しているような気分に誘ってくれるからです。

そして、生命力に溢れた幸福感を、聴いている人に与えてくれるのです。

しかし、この曲が作曲されたのは、ベートーベンが30歳の頃ですから、
ベートーベンが持病の難聴に苦しんでいた頃の作品と言えるでしょう。

そのように考えますと、自らを励ましている様な力強い旋律が、
随所に見られる様な気もします。

前を向いて歩こう!と云う強い決意と、美しい自然への賛美、
そして、この世に生を受けたことへの感謝の気持ち。

そんな雰囲気を漂わせた、この美しい曲が、私は大好きです。

 

--------------------

2時間40分

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自閉症の作家 東田直樹さんの... | トップ | ペダルの踏み方を教える時期 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。