ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


ヴァイオリンを弾いていた少年の頃

2017-06-12 | ピアノ教室

今日、スーパーで買い物をしていましたら、S君のお母さんにお会いしました。

S君は、中3までピアノを習いに来ていた男の子で、ヴァイオリンがとても上手でした。

S君のお父さんは、市内では有名なヴァイオリンの先生で、
ご両親共に、S君が音楽大学に進むことを望んでいました。

その準備として、小学3年生から、私のところにピアノを習いに来ていたのです。

音大の入試に必要なピアノのレッスンと、
時には、ピアノ伴奏付きの、ヴァイオリンのレッスンも行いました。

私は、ヴァイオリンの技術は教えられませんが、音程の矯正と、
伴奏を付けた時のタイミングなどを指導しました。

そんな感じで、5~6年間指導しましたので、
私は、S君が音楽大学に行くことを疑いもしませんでした。

ところが、高校生になってすぐに、S君は、音楽大学に進む事を止めたのだそうです。

何か、心境の変化があったのでしょうが、何故なのかはわかりません。

S君のお父さんとは、時々アンサンブルをしていましたので、
お会いする機会は何度もありましたが、非常に残念がっていらっしゃいました。

そんなS君も、今年、高校を卒業しました。

進路はどうしたのかな~と思っていましたら、お母様の方から

「Sは、今年、無事に大学生になりました。
毎日、(国立の)◯◯大学に、自宅から通っています。」と、おしえてくださいました。

今のところ、ヴァイオリンを弾く事は全く無いのだそうですが、
すっかり大人になったら、きっとまた、弾く時があるでしょう。

そして、一生懸命練習に励んでいた少年の日々を、懐かしく思い出すに違いありません。

 

--------------------

1時間30分

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダンスと佳子さまと、ドレミ... | トップ | ADHD児 頑張るT君 17・薬を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピアノ教室」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。