ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


大学1年からピアノを始めたYちゃんが、先生になった!

2017-05-13 | 障がい児教育

今日の夕方、Yちゃん(4月14日の記事)がレッスンに来てくれました。

Yちゃんは、大学1年生からピアノを始めた生徒さんですが、
教員採用試験にパスして、見事去年の春から、小学校の先生になりました

今年は2年生の担任なので、ピアノを上手に弾きたい~と
レッスンを再開することになりました。

久しぶりに会ったYちゃんは、すっかり先生のお顔になっていて、
何だか感動してしまいました。

近況を話し合った後、レッスンをしました。

まず最初に、ハノンの1番で、指の形と脱力をチェックしましたら
想像以上にキチンと出来ていたので、嬉しく思いました。

あとは、2年生の音楽の教科書を使って、レッスンをしたりしました。

次回からは、子供達に喜ばれるような、【さんぽ】などの曲もやっていこうね、
と話し合いました。

何か質問がある?と尋ねましたら
「自閉傾向の子が、ピアニカを弾けないのだけど、どうしたらいいですか?」
と、聞かれました。

「ゆっくり、何度も弾かせることかな~」と答えましたら

「32人の集団の中では難しいです。」とのこと。

「じゃあ、ピアニカを弾く前に、手遊びを取り入れたら?
指を動かすことを、ゲーム感覚でやらせると、いいかもよ。」

「2年生だから、みんなも喜ぶかも。  やってみます
と答えてくれました。

小学校の先生は、様々なお子さんを同時に教えないといけないので、
色々と苦労があるようです。

でも、Yちゃん改め、Y先生ならば、きっと最善を尽くせるはず。
頑張れY先生

 

---------------------

1時間15分

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝 ♪1周年・ブログを始めた理由 | トップ | 年齢を感じる時 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。