ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


アスペルガー児への言葉がけ

2017-06-15 | 障がい児教育

10年程前に教えていたRちゃんは、転校生でしたので、
小3の途中からピアノを教えました。

以前の場所で、すでに4~5年、ピアノを習っていた~とのことでしたが、
最初のレッスンの時に聴かせてもらいましたら、初歩の曲しか弾けていませんでした。

レッスンを始めてみますと、語彙がとても豊富でしたので、
理解が早い子のように思われました。

ところが、ピアノはなかなか上達しません。

なんでかな?  私の工夫が足りないのかな?
それとも、お家で練習していないのかな?

そんな事を思いながら、数ヶ月が過ぎました。

そんなある日、Rちゃんのお母様が

「実は、Rは、アスペルガー症候群の診断を受けています。
ですので、Rに教える時は、気を付けて頂きたいことがあります。
新しい曲を、宿題で出す時は、必ず、“この曲を、お家で、1人で練習できますか?”
と聞いてください。
それが、Rが理解したかどうかのバロメーターになります。」

と仰ったのです。

「分かった?」と聞くと、今喋っている内容、意味は分かるので、
「分かった。」と答える。

「大丈夫?」と聞くと、今は別に苦しくないから
「大丈夫。」と答える。

アスペルガー症候群の子に指導する時は、出来るだけ具体的に説明してください~
と、その時教えて頂きました。

それ以来、アスペルガー児を教える時は、必ず具体的に指導するようにしています。

「先生が横に居なくても、1人で練習出来ますか?」

「毎日、右手3回、左手3回、両手で5回、練習出来ますか?」等々~

(発達障がいの子は、具体的な数字を示した方がよい、とも教えて頂きました。)

具体的に指示をするようになってから、Rちゃんも少しずつ上達しました。

ちょっとした言葉かけで、上達の度合いも変わってくるのだな~と思ったのでした。

出来るだけ具体的に~
これは、アスペルガー児の指導に限らず、大事なことだと思います。

 

--------------------

1時間15分

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カリグラフィーを始めました | トップ | えっ?自分で前髪をカットし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障がい児教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。