ららみ先生のピアノのおけいこ

自閉症でも、発達障がいでも、両手でピアノが弾けるんです♪
ピアノが弾けるって、素晴らしい!


8分音符を教える時に~懐かしい思い出

2017-10-17 | ピアノ教室

昔々、ピアノを教え始めた頃の生徒さんに、K君とS君という、可愛い兄弟がいました。

7歳のK君と、5歳のS君はとても仲良しで、いつも楽しそうにしていました。

さて、お兄ちゃんのK君が、バイエルの②に進んだので、
私は、8分音符の意味を教えようと、たとえ話を考えました。

 

“食べ物でも何でも、半分ずつに割れますね。
実は、音符も、半分ずつに割れるのですよ~
4分音符を半分こにすると、8分音符♪と8分音符♪になります~”

と云う流れで、8分音符の意味を教えたかったのです。

 

「K君が、学校から帰って来て、テーブルの上を見たら、
美味しそうなメロンパンが、ひとつだけありました。

K君は、嬉しくなって、メロンパンを食べようとしました。

すると、そこへ、S君が幼稚園から帰ってきました。

そして、『お兄ちゃん、僕もメロンパン食べたい』と言いました。

さて、K君はどうしますか?」

すると、K君は~
「Sを殴って、泣いている隙に全部食べる」と言ったのです

 

私は、可笑しくて、大声で笑ってしまいました。

K君も、ゲラゲラ笑いました。

 

「殴るのは、可哀想なんじゃない?  どうしたらいいかなぁ~?」
「じゃあ、押し入れに隠れて、独りで食べる

K君は、お茶目なところがあり、きっと、私を笑わせようとして、
そう言ったのでしょう

 

結局、その後、(イメージの中で)無理矢理メロンパンを2つに分けさせ 
めでたく、8分音符の説明は完了しました(笑)

今でも時々思い出す、楽しくて懐かしい想い出です。

さて、今では立派なお医者さんになっているK君とS君は、相変わらず仲良しらしく、
年に何度も会って、兄弟の絆を深めているみたいです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加